ことのは文庫<br> あやかし屋敷のまやかし夫婦〈2〉家守と謎めく花盗人

個数:
電子版価格
¥803
  • 電書あり

ことのは文庫
あやかし屋敷のまやかし夫婦〈2〉家守と謎めく花盗人

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2024年06月19日 01時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867165454
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『親友・千尋へ。もし俺の身に何かあったら、この手紙を渡して欲しい』
真琴と千尋が契約夫婦として、鎌倉の「あやかし屋敷」で過ごす初めての冬。
一通の、宛先不明の手紙が見つかった。
それは千尋の亡き親友で、この屋敷の元所有者・遠原の書いた「遺言」だった。
その手紙を渡す相手は誰なのか。そして、あやかしを視る才能を持つ編集者・高旗や、屋敷に住まう様々なあやかしたちのまつわる事件を通し、「まやかし夫婦」二人の絆は、不器用ながらも次第に深まりつつあったのだが、その絆を揺るがしかねない大きな事件が襲いかかり……!?
これは、想いの伴わない「契約が」、かけがえのない「約束」へと変わっていく物語である――。

内容説明

『親友・千尋へ。もし俺の身に何かあったら、この手紙を渡して欲しい』真琴と千尋が契約夫婦として、鎌倉の「あやかし屋敷」で過ごす初めての冬。一通の、宛先不明の手紙が見つかった。それは千尋の亡き親友で、この屋敷の元所有者・遠原の書いた「遺言」だった。渡し主のわからないこの手紙と、あやかしに深くかかわる事件が、不器用に育まれつつあった夫婦二人の絆を大きく揺るがすことに―!?これは、想いの伴わない「契約」が、かけがえのない「約束」へと変わっていく物語。

著者等紹介

住本優[スミモトユウ]
武庫川女子大学卒業。一児の母。『最後の夏に見上げた空は』全3巻(電撃文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うめきち

9
続きが気になる。何を許せというのか。まだ秘密があるのか。しかしまことのにぶさにイラつく。2024/05/12

MAXKAO

7
表紙からたまちゃんがいなくなってたのでちょっと心配してましたが、今回はクライマックスでも大活躍‼ただ、内容が「出雲のあやかしホテル…」に近づいてきたような気がするのはちょっと残念。2024/04/29

色素薄い系

4
NetGalleyより。1巻では「自分の希望を口にする」という事すら躊躇していた真琴。ほたる祭りに行ってみたいけど千尋の時間を自分が奪ってしまうのは申し訳無いと考えていたのに2巻ラストで「これからやりたい事」を千尋に言えるようになったのはかなり成長したなと嬉しく感じた。だがしかし気になる所で終わってしまったので3巻目待ってます。 2024/02/07

あずとも

4
あやかしやだけでなく人も新キャラが登場、特に天間書房の編集者・高旗が終始いい感じ。楽しい掛け合いにハラハラする場面もあり楽しめた。契約から始まった2人の気持ちの変化が周りから見れば分かりやすいけれど相手の事を思うがゆえの進展のなさがもどかしい。2024/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21798707
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。