アクティブ・ラーニングで学ぶ小学校体育の授業づくり - 読書を通して

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

アクティブ・ラーニングで学ぶ小学校体育の授業づくり - 読書を通して

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784866920122
  • NDC分類 375.492
  • Cコード C3037

出版社内容情報

本書は、読書することを通してアクティブラーニングで、未来の体育授業づくりを学ぶために、企画されたものである。内容は「読み物」というよりは、「思考する源」であり、「思考を整理する情報提供」になるようなものになっており、一人で、あるいは仲間と思考しながら学ぶことを可能にする構成。各章は、知識を身につけるために使うのではなく、読者がこれまでの経験を通して学び深めてきた知識をベースとして、問題に向かい、その問題解決を通して新たな知識を生み出し、生み出された知識を整理するための情報提供をする構成で、単なる知識ではなく、生きて働く知恵を学ぶことができる革新的な書籍である。
【編著者紹介】
鈴木直樹(すずき なおき)
現職:東京学芸大学・准教授
学位:博士(教育学)
研究分野:体育の学習評価論、体育の国際比較、社会構成主義的視点からの体育の授業づくり
【編著者紹介】
成家篤史(なりや あつし)
現職:帝京大学・教授
学位:博士(教育学)
研究分野:教師の指導観に関する研究、体育授業の指導方略論
【編著者紹介】
石塚諭(いしづか さとし)
現職:宇都宮大学・講師
学位:修士(教育学)
研究分野:体育の教師教育論、学習指導論、ボール運動・球技の授業づくり
【編著者紹介】
大熊誠二(おおくま せいじ)
現職:東京学芸大学附属竹早中学校・教諭
研究分野:幼小中の連携教育、体育におけるICT の利活用
【編著者紹介】
石井幸司(いしい こうじ)
現職:江戸川区立新田小学校・主幹教諭
研究分野:体育におけるICTを利活用したポートフォリオ評価法に関する研究、ボール運動の授業づくり