ザイム真理教―それは信者8000万人の巨大カルト

個数:
電子版価格
¥1,452
  • 電書あり

ザイム真理教―それは信者8000万人の巨大カルト

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年04月23日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866809311
  • NDC分類 342.1
  • Cコード C0033

出版社内容情報

やさしく、やわらかく、面白く、日本経済に警鐘を鳴らす本。

■それは信者8000万人の巨大カルト
「大蔵省(現財務省)の奴隷だった」という自身の実体験をもとに、
宗教を通り越してカルト教団化する財務省の実態をあばき、
その教義を守り続けて転落し続ける日本経済&国民生活に警鐘を鳴らす、森永卓郎による警世の書。

~旧大蔵省時代を含めて、財務省が40年間布教を続けて
きた「財政均衡主義」という教義は、国民やマスメディア
や政治家に至るまで深く浸透した。つまり、国民全体が財務省に洗脳されてしまったのだ!(本文より)~

内容説明

最近、ネットの世界では「ザイム真理教」という言葉が頻繁に使われるようになった。財務省は、宗教を通り越して、カルト教団化している。そして、その教義を守る限り、日本経済は転落を続け、国民生活は貧困化する一方になる。本書では、なぜザイム真理教が生まれ、それがどのように国民生活を破壊するのかというメカニズムを述べていこうと思う。

目次

第1章 ザイム真理教の誕生
第2章 宗教とカルトの違い
第3章 事実と異なる神話を作る
第4章 アベノミクスはなぜ失敗したのか
第5章 信者の人権と生活を破壊する
第6章 教祖と幹部の豪華な生活
第7章 強力サポーターと親衛隊
第8章 岸田政権は財務省の傀儡となった

著者等紹介

森永卓郎[モリナガタクロウ]
1957年、東京都生まれ。経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。1980年に東京大学経済学部を卒業後、日本専売公社(現在のJT)に入社、「管理調整本部主計課」に配属となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R

127
自分も知らないうちに教団入りしているんだろうかと、自身を疑ってしまうような国家財政と財務省のお話。財務省が欺いているという前提のまま話が進んでいるので、本当にそうなのか、ちょっと怪しいのではとも思ってしまうんだが、財務省の悪癖ともいえる、財政均衡についての話は面白かった。ただ、野放図にお金を刷ってという話はどうかと思うし、現在の円安を考えると本当かしらとも感じるわけだが、それもまた、ザイム教の言いなりなんだろうか。感覚的にしか政治を判断できないのはいけませんね。2023/11/02

KAZOO

125
数カ月前に森永さんがラジオで5月に出版する自著で自分はもしかすると狙われる(半分冗談?)と言われていた本がこの本だったのですね。いわゆる財務省の歳入歳出均衡主義は景気を悪化させていく根本原因だと言っています。と言ってアベノミクスをほめているわけでなく失敗したともいわれています。非常にわかりやすい図表で説明してくれます。ただ理論的根拠が若干薄い気がします。河村小百合さんの「日本銀行」も読んでいるので比較したいという気がします。2023/05/31

やいっち

118
森永氏の(テレビなどでの)コメントには予てより注目してきた。日本が30年に渡ってデフレしてるのは歴然たる事実。政治家や評論家のせいだが、消費税をアップするたび日本経済が落ち込むのを誰も否定できない。なのに何故消費税死守なのか? その疑問が氷解した。2024/01/17

ばたやん@かみがた

109
《我々を絡めとるカルト的思考》(1)リフレ派経済学(主流マクロ経済学)者の本に親しい方なら常識としている日本の財政政策の硬直性。その総本山たる財務省を、かの凶悪なテロを犯したカルト宗教団体に擬える直球ぶりにまずは爆笑しました。一種のネタとして楽しめる要素もありますが、読み進むうちに頭を抱えたくなる深刻な実状がオンパレードです。そのように、これまで一部の層にしか「常識」とされて来なかった現実認識が、一般の方々に共有される切っ掛けとなればこれに優るものはないと考えます。(1/5) 2023/08/29

はにこ

92
目から鱗というか、完全に騙されてた。そう、私も信者だったのか。あれこれ理由をつけられ税金があがるのは仕方ないことなんだと諦めていた。納得もさせられていた。違ったのか。政治家だけじゃなく、マスメディアにも洗脳されていたのか。経済に詳しくない私にも理解できる内容だった。こんなこと書いて闇討ちにあわないでね、森永先生。。2023/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21191212
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。