絶対にやってはいけない飲食店の法則25

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

絶対にやってはいけない飲食店の法則25

  • ウェブストアに40冊在庫がございます。(2021年04月12日 01時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866800745
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0034

内容説明

飲食店の1年以内の廃業率34・5%、3年ではなんと70%以上!お店を失いたくなければ絶対に知っておくべき事実がここにあります。

目次

序章 多くのお店はなぜ「1年以内」に廃業してしまうのか?あなたのお店の危険度がすぐにわかる3つの質問(自分にとっての「理想のお店」を作ってはいけません;お客さまが求めているのはどんなお店ですか? ほか)
第1章 お店作りの「やってはいけない」―ひとめでわかるダメなお店、このお店はいったい何屋さん?(お客さまが入店しづらい「カッコいいお店」「寒色の外観」;「業態」と内装がミスマッチなお店は失敗する! ほか)
第2章 料理とメニューの「やってはいけない」―「おいしい料理」ではなく「売れる商品」「儲かる商品」を作ろう(「おいしい料理」と「売れる商品」はまったくの別物です;「原価率30パーセント」を守っていたら、儲かるものも儲かりません ほか)
第3章 接客とスタッフ教育の「やってはいけない」―お客さまとスタッフの両方にとって楽しいお店になっていますか?(テンションが高い店長は、業績を頭打ちにしてスタッフの離職率を高めます;もしかして「従業員を教育してもムダだ!」なんて思っていませんか? ほか)
第4章 集客の「やってはいけない」―値下げや広告ではなく「高い価値」を提供すればお客さまは集まります(思いつきの「値下げ」は「売り上げが伸びる」どころか客足が遠のきます;アルコールドリンク(生ビール以外)をきちんと売らないお店は儲かりません ほか)

著者等紹介

須田光彦[スダミツヒコ]
飲食店特化型コンサルタント。飲食店の価値創造と向上に強いフードビジネスバリューデザイナー。クレドマネジメント株式会社代表取締役社長。1962年、北海道生まれ。16歳で飲食店をプロデュースすることを志し、ビジネスモデルを考えつき18歳で上京。あらゆる飲食業の業種・業態に実際に従事し、業態ごとのノウハウを体得。設計事務所を経て28歳で独立するが、46歳で倒産・破産・離婚を経験し49歳で再起業する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。