世界でいちばん素敵な浮世絵の教室

個数:

世界でいちばん素敵な浮世絵の教室

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年01月25日 07時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866732107
  • NDC分類 721.8
  • Cコード C0071

内容説明

浮世絵って、こんなにも面白い!印象派の巨匠も惚れた日本の美を解き明かす。有名絵師の作品をたっぷり掲載。

目次

そもそも浮世絵の「浮世」ってどんな意味?
浮世絵はどうやって色をつけているの?
当時の人は、浮世絵をどんな風に楽しんでいたの?
浮世絵はどうやって描かれているの?
どんな人が浮世絵師になったの?
有名な彫師を教えて!
浮世絵が誕生したきっかけは?
錦絵は、浮世絵と違うの?
浮世絵で最も人気のあったジャンルは何?
役者さんって浮世絵のような顔をしていたの?〔ほか〕

著者等紹介

岡部昌幸[オカベマサユキ]
1957年横浜生まれ。早稲田大学第一文学部美術史専攻、同大学院で学ぶ。現在、帝京大学文学部史学科、大学院文学研究科日本史・文化財学専攻教授。群馬県立近代美術館特別館長。畠山記念館顧問。日本フェノロサ学会会長。西洋と日本の近世近代美術を専攻。リヴィジョニズムとグローバル・アート・ヒストリーの視点で、美術史を研究。展覧会の企画・監修等を多く手がけ、ギャラリー・トークなど啓蒙活動も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。