古酒巡礼―失われた時が育てたワインたち

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

古酒巡礼―失われた時が育てたワインたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月08日 02時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784866672915
  • NDC分類 588.55
  • Cコード C0077

出版社内容情報

1980年創刊(2020年10月廃刊)、日本で最も歴史のある月刊ワイン雑誌『ヴィノテーク』に連載されたコラムから好評回を厳選し、編集。
「ラフィットは小さい年」「涙の82ラトゥール」「ロマネ・コンティ 1929」「史上最安ワイン 1円」などなど、さまざまなワインとそれにまつわる人の物語。愛好家のみならず、ワインとの出会いが嬉しくなる一冊。

内容説明

古酒ラヴァーのココロを満たすもの。この世から消えつつある希少品を手に入れたという優越感。きっとおいしいに違いないという、知識の悲しみ。歴史遺産の消滅の生き証人になる経験値。

目次

リシュブール1954
大損?チョイ得?
雑泡三題
キャンティでキアンティを
1969サミット
Old good Napa
安寿と壽翁
黒の舟唄
読者ワイン会
パストゥグランの古酒〔ほか〕

著者等紹介

秋津壽翁[アキツトシオ]
秋津医院・院長。1954年、和歌山生まれ。医学の分野に進む前に大阪大学工学部発酵工学科で醸造学を修め、その後に医学部に進んだ。醸造学時代にワインにはまり、やがて「古酒」という異次元の世界にのめり込んで今日に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。