買う理由は雰囲気が9割―最強のインフルエンサーマーケティング

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

買う理由は雰囲気が9割―最強のインフルエンサーマーケティング

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月27日 17時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866670003
  • NDC分類 675
  • Cコード C2034

内容説明

モノが売れないのではなく売り方の「格差」がついている。「やってみたい」から始まるSNS時代の『雰囲気売れ』のつくり方。

目次

1 なぜ「売れる商品」と「売れない商品」があるのか?(人は雰囲気でモノを選び、買っている;「誰かの声」が行動を決める ほか)
2 消費者が欲しがっているのは「イケてる自分」(人は“いい感じ”に心惹かれる;インフルエンサーに響く2つの特徴 ほか)
3 SNS時代の「雰囲気売れ」のつくりかた(ソーシャルメディアをいかに使うか―インスタグラム&ツイッター;「雰囲気売れ」はこうして起きる―雰囲気でスニーカーを売ったemmi ほか)
4 「人マーケティング」を理解する(買う動機は「自分」ではなく「他人」;自己承認欲求を満たすために購入する ほか)
5 インフルエンサーと「共創」するために企業がすべきこと(インスタグラム運用における3つの課題;「共創」「共感」「共有」の意識を持つ ほか)

著者等紹介

福田晃一[フクダコウイチ]
LIDDELL(リデル)株式会社代表取締役CEO。1979年高知県生まれ。読者モデルを活用した口コミマーケティングが評判を呼び、2006年、芸能プロダクションとマーケティングによるハイブリッド企業・株式会社ツインプラネットを設立。ギャル・読モというエッジィな影響力を持つ存在を活用し、日本随一のギャルマーケティング企業となる。人気タレントの輩出や多数のトレンドを創出、多彩な戦略で「ヒト売れ」なる消費トレンドを築き2014年、インフルエンサーマーケティングのパイオニアとなるLIDDELL株式会社を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

あなたの商品が売れないのは、売り方を間違えているだけ。共感、共創、共同を使ったインフルエンサーマーケティングの決定版! ※インフルエンサーとは、「Influence」(影響、感化、作用の意)を語源とする言葉で、他者や一般社会に大きな影響力及ぼす人や事物のことを指す。