俳句で辿る『曽良随行日記』一五六泊地―媼六人で七年『おくのほそ道』のロマンを追って

個数:

俳句で辿る『曽良随行日記』一五六泊地―媼六人で七年『おくのほそ道』のロマンを追って

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年02月26日 04時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 117p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784866590998
  • NDC分類 911.46
  • Cコード C0092

内容説明

『おくのほそ道』と『曽良随行日記』の微妙なずれは何を語っているのか。媼句友六人による『曽良随行日記』全泊地をたどる七年の俳句旅。それぞれの地で詠まれた芭蕉、曽良、その他の関連詩歌を併記。

目次

第1章 江戸より陸奥へ(東京・埼玉・茨城・栃木)
第2章 陸奥入り(福島)
第3章 伊達領(宮城・岩手)
第4章 出羽路へ(山形・秋田)
第5章 越の国(新潟・富山)
第6章 加賀より結びの地へ(石川・福井・滋賀・岐阜)