アリアンローズ<br> 悪役令嬢の取り巻きやめようと思います〈3〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います〈3〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月19日 01時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866570600
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

乙女ゲームの、悪役令嬢の名もなき取り巻きBに転生したコゼット。ゲーム舞台の学園生活が始まったものの、クーデター事件にてゲームのルートは強制終了。ホッとしたのも束の間、一騎打ち勝負を行うことに!テーマは、狩猟会でのファッション対決。本来の『コゼット・エーデルワイス』と今の『私』は同じであって同じでない。意図的に避けていた王妃レースだけれど、私の辞書に、敗北という文字はないわ!一風変わった乙女ゲームファンタジー、待望の第三弾登場!

著者等紹介

星窓ぽんきち[ホシマドポンキチ]
執筆歴は2016年2月頃から。初めて書いた『悪役令嬢の取り巻きやめようと思います』が、2016年アリアンローズ新人賞優秀賞を受賞し出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

11
コゼットの一騎討ちは、予想通りの展開だったけれど、相手を無意識のうちに庇うとか、天性のたらしになりつつある…。その天性のたらしさん、イザベラの結婚式に参加するために、向かった先でも本領発揮。王太子が知ったら、胃が痛くなるんじゃないかな…。2017/11/18

アカツ04号

10
シリーズ3冊目。一騎打ちはサラッと終わって、レミーエの結婚式に向かう旅の場面が多め。旅先でも商魂逞しいコゼットの姿勢は結構好き。アンジェとも和解できて良かった。転生してきたライバルヒロインの落とし所って難しい所だし。ただ、文面のギャグの割合が増えてきすぎてて読むのに少し疲れが出てきてしまった。もう少し王太子との恋愛を読みたいんだけどなぁ、まさかのライバルヒーロー出てきちゃったよ。最後の番外編みたいな奴がもっと読みたい…。(11/28-12/7)【2021-34】2021/12/07

葉月たまの

7
この話、ストーリーが割とシリアスなところ多いのに、何故かコゼットさんがユニーク過ぎて全体としてはほんわかとした感じの小説になってる><。褒めてるんだけど! 新キャラも登場したし、これからは恋愛戦線が荒れそう! ただ、あのラストから次巻がどう展開していくのかは気になる><。のんびり続きを楽しみに待つのん♪。2017/12/17

ちかぞお

6
【ウェブ版既読】シリーズ3巻目。一騎打ち狩猟会衣装勝負からルメリカで事件が起きるまで。まさかミッキーをイラストで見られる日が来るとは思わなかった。そしてその衣装に「うん。これはないわー」と納得。ルメリカの道中での書き下ろし場面は必要?とハテナが脳内を飛び交ったけど、きっと主要男子キャラに対する水着妄想を書きたかっただけなんだよ!と納得させた。そして、ゲオルグ親子は一体何処に向かっているのだろう…2017/11/22

ちちる★

2
図書館。2019/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12356566
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。