探証 日本書紀の謎―中学生が解き明かすこの国のはじまり

個数:

探証 日本書紀の謎―中学生が解き明かすこの国のはじまり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月19日 09時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784866560946
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

太宰府中学校2年の東雲日夏は国語で学んだ『万葉集』2番の歌に、いるはずのないカモメが詠まれていることに疑問を持つ。従来の説に納得できなかった日夏は、かつて共に「魏志倭人伝」の謎に挑んだ阿比留翔、菊池智彦の3人で「日本古代史研究会」を結成。枕詞や漢字の成り立ち、発掘資料などを参考に『日本書紀』の記述をたどり、この国のはじまりに迫る。中学生3人の対話形式で綴る日本古代史。

目次

序章 万葉集の謎
第1章 訴える万葉集
第2章 倭国濫觴
第3章 大分奠都
第4章 大和王朝
第5章 熊野帝国幻影
第6章 蘇我氏の王朝
第7章 皇位転変
終章 日本書紀その後

著者等紹介

田原明紀[タハラアキノリ]
1953年大分市に生まれる。大分大学経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。