罠―埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!

個数:
  • ポイントキャンペーン

罠―埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月13日 16時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866250878
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

内容説明

2017年3月に獄死した関根元死刑囚は、共犯者に「30人以上殺した」と告白していた。事件を追うと、主犯とされた風間博子は冤罪だった可能性が浮上!?メディアでは報じられなかった、共犯者の「風間は殺してない」という証言。風間は虚言癖のあるシリアルキラーに罪をなすりつけられたのか?

目次

第1章 「ボディを透明にする」異様な犯行
第2章 共犯者の誰が信用できるのか?
第3章 二人は殺人夫婦だったのか?
第4章 容疑者にセックスまでさせた検察官
第5章 法廷で覆された「殺人」の供述
第6章 捜査資料で浮かび上がってくる事実
第7章 苦渋がにじむ判決
第8章 最高裁で確定した死刑判決

著者紹介

深笛義也[フカブエヨシナリ]
1959年東京生まれ。横浜市内で育つ。10代後半から20代後半まで、現地に居住するなどして、成田空港反対闘争を支援。30代からライターになる。ノンフィクションも多数執筆している。埼玉愛犬家殺人事件に関する記事は、『女性セブン』『新潮45』に発表した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)