感情的な日本語―ことばと思考の関係性を探る

個数:

感情的な日本語―ことばと思考の関係性を探る

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2024年07月25日 10時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866240947
  • NDC分類 810
  • Cコード C0081

内容説明

「以心伝心」「言いさし」「察知の芸術」「記号操作」…日本語の姿からみる日本人の思考。

目次

プロローグ 日本語はおもしろい
第1章 日本語が見せる世界
第2章 日本語はほのめかす
第3章 日本語は惑わせる
第4章 日本語は拡張する
第5章 日本語は交雑する
第6章 日本語はつねに顔つきを変える
第7章 日本語の未来に向けて
エピローグ「感情的な日本語」とは何か?

著者等紹介

加賀野井秀一[カガノイシュウイチ]
1950年、高知市生まれ。中央大学文学部仏文科卒業後、同大学大学院・パリ第8大学大学院に学ぶ。中央大学理工学部名誉教授。専攻はフランス現代思想、哲学、言語学、メディア論、日本語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamatoshiuruhashi

49
軽妙洒脱な中にしっかりと考察されたご本人の日本語論が見えて、何か物知りになった気分。古事記、日本書紀に始まり万葉集は言うに及ばず、古代の文献から最近のネット記事までを分析し、それを外国語との比較の中に置くことで日本語の共通性と特殊性を際立たせる。内容は立派な研究書だろうが、万人向けの分かりやすさ、若い研究者かと思ったら自分より年上で失礼しました。しかし、これだけの考察を現代の諸問題点と比較しつつできるとは頭はずいぶんお若いのだろう。笑いつつ少し利口になったような気がする本です。2024/06/09

清水勇

3
海外で長年仕事で外国人と英語での議論を通して日本語の曖昧さを痛感。この本でその原因が理解できたし、著者のアプローチが面白かった。特に、日本は短歌等の短詩形文学に代表される「高文脈社会:多くを語らずとも豊かな意味を伝えられる社会」であり、だからこそ欧米人が相手の表現の正否・善悪を判断するのに、日本人は単語の使い方で感覚的に相手を評価するという説明は納得。政府が国民の権利をなくす方向で種々の動きを進めている今だからこそ、我々は、著者が力説する「冗長的」でもお互いに議論できる言葉の使い方を考える必要がある。 2024/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21795221
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。