続・ウィトゲンシュタイン『哲学探究』入門

個数:

続・ウィトゲンシュタイン『哲学探究』入門

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866240428
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

内容説明

私的言語とは何か…ウィトゲンシュタインが、その考えを改め、哲学に復帰してからの思索の結晶である。後期ウィトゲンシュタインの代表作『哲学探究』をわかりやすく読み解く第二弾。

目次

第1章 理解すると読む(意思疎通の可能性(第143節)
理解する(第146節、第148節~第151節) ほか)
第2章 規則にしたがう(数列の規則(第185節~第187節)
思う(第188節~第190節) ほか)
第3章 私的な言語(感覚E(第259節~第261節)
私的な領域について(第265節) ほか)
第4章 痛みについて(内側と外側(第281節)
生き物や物の痛み(第283節) ほか)
第5章 考えるということ(語の使用(第316節)
思考の道具立て(第317節) ほか)

著者等紹介

中村昇[ナカムラノボル]
1958年、長崎県生まれ。中央大学文学部教授。中央大学大学院文学研究科博士課程満期退学。哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。