いろは落語づくし<br> 落語からわかる江戸の食

個数:

いろは落語づくし
落語からわかる江戸の食

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 22時04分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866240244
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0076

内容説明

「時そば」は屋台の熱いそば。丼を持って食べる。「そば清」はもりそば。猪口の汁につけて食べる。おいしく食べる方法も笑っているうちにわかってくる。それが落語だ!

目次

い 芋(宮戸川)(徳ちゃん)(真田小僧)
ろ ロバのパン(動物園)
は はんぺん、はす、芋を甘辛く煮たものを丼に二杯(黄金餅)(らくだ)
に 二八そば(時そば)
ほ 本膳(本膳)(手紙無筆)
へ べちょたれ雑炊(七度狐)
と 豆腐(徂徠豆腐)(甲府ィ)(鹿政談)(千早ふる)(寝床)
ち ちりとてちん(ちりとてちん)
り 利休饅頭(茶の湯)
ぬ ぬくい造り(猫忠)〔ほか〕

著者等紹介

稲田和浩[イナダカズヒロ]
1960年東京出身。作家、脚本家、日本脚本家連盟演芸部副部長、文京学院大学講師(芸術学)。落語、講談、浪曲などの脚本、喜劇の脚本・演出、新内、長唄、琵琶などの作詞、小説などを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。