仕事のできる人を「辞めさせない」15分マネジメント術―離職を防ぐために今やるべきこと

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

仕事のできる人を「辞めさせない」15分マネジメント術―離職を防ぐために今やるべきこと

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2024年04月19日 07時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866214719
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

出版社内容情報

マネージャーは聞き上手たれ!
カギはミーティング、採用、育成にあり。

『わかってほしい』若手世代の心をつかむ
『わかりあえる』魔法のコミュニケーション!

内容説明

上司、経営者の一番の悩みは「若手人材の離職」です。優秀な人材を辞めさせないためにはマネジメントする側の意識と行動を変えて一人ひとりに対峙すること。的確なマネジメントをすれば若い世代の定着率も自ずと上がります。ぜひ本書で紹介する「15分で完結できるマネジメント法」をお試しください。

目次

1 15分ミーティングとは 離職を防ぐ!15分の対話型マネジメント(1回5分 1日15分 部下と1対1で対話する時間を作る;15分 「質問力」を磨いてコミュニケーションの質を高める;15分 ミーティングで定着率を上げる)
2 採用 15分マネジメント成否は「採用」にあり(3年で辞めない人材を採る最強のリクルーティング;すぐに辞めない人を「見抜く」採用面接)
3 人材教育 すぐに辞めない人材に育てる15分育成法(15分 すぐに辞めない人材の育て方;15分 「100%教えきる」技 ほか)
4 15分マネジメント応用編(Z世代とどう関わればいいのか?;ミスをした部下との関わり方;15分 定着率とやる気が同時に上がる仕事の任せ方)

著者等紹介

岡本文宏[オカモトフミヒロ]
スタッフのやる気と定着率を一気に上げる!人材マネジメントの専門家。コンテンツ起業家育成コーチ/メンタルチャージISC研究所(株)代表取締役。アパレル専門店チェーン勤務を経て、セブン‐イレブンのFC店を経営。コーチングを学ぶことをきっかけに、マネジメントの在り方、人材育成の方針を大きくシフトチェンジする。FC契約解消後、2005年にメンタルチャージISC研究所(株)を設立。現在は、経営者、リーダーに、スタッフの“やる気”を上げ“離職率”を下げるマネジメント実践法、自ら考えて動く“できる人材”の採用ノウハウを教える専門家として活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Fuyuki Kawasaki

0
部下と対話をし、離職率を減らすコツを解説している本。 どのようなタイミングで対話すべきか、対話する際に気をつける点は何か、採用において気をつける点、部下の教育で気を使う点を解説している。 ビジネス本なのであっという間に読める。 筆者がコンビニの店長をしていた時のエピソードが多く、バイトの離職率の話も多いのだが、ポイントはある程度普遍的なので興味があれば読んでも良いと思う。2024/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21716477
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。