坂本龍馬最後の一カ月―新たな国を夢みた龍馬の足跡

個数:

坂本龍馬最後の一カ月―新たな国を夢みた龍馬の足跡

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 87p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784866210742
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

坂本龍馬が暗殺されて150年。運命の日までの一カ月を追い、新たな国を夢見た龍馬の足跡を立体化する。そのとき彼は、何を見て何を感じたのか。

目次

巻頭 坂本龍馬とは何者なのか
第1章 新たな国を夢みた龍馬の足跡を辿る(長州征伐への対処案六カ条、「薩長同盟」成立―慶応2(1866)年1月21日
伏見奉行所の捕り方による、寺田屋遭難事件が勃発―慶応2(1866)年1月23日 ほか)
第2章 最後の一カ月で描いた新しい国づくりの構想を探る(「海援隊約規」に垣間見る、新しい日本人の発想;「船中八策」から「大政奉還」、そして、「新政府綱領八策」へ ほか)
第3章 龍馬を取り巻いた人と勢力(土佐藩 武市半平太;山内容堂 後藤象二郎 ほか)
第4章 龍馬暗殺、諸説のなぞを探る(龍馬暗殺までの一カ月の足跡を辿る;京都見廻り組説 ほか)

著者等紹介

河合敦[カワイアツシ]
1965年、東京都に生まれる。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞を受賞。多摩大学客員教授。早稲田大学非常勤講師。歴史に関する多数の著書を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。