日本の時代をつくった本―幕末から現代までの社会と文学をビジュアルで読み解く

個数:

日本の時代をつくった本―幕末から現代までの社会と文学をビジュアルで読み解く

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 318p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784866210407
  • NDC分類 020.21
  • Cコード C0695

内容説明

時代の空気が一冊の本を生むこともあれば、一つの雑誌が世の中を変えることもある。明治から現代までの150年間を、一冊の本、一つの雑誌に注目して振り返る画期的な図鑑。

目次

序章 江戸時代―出版文化が花開いた時代
第1章 明治時代―近代化の推進
第2章 大正時代―大正デモクラシー
第3章 昭和前期(戦前)―昭和モダニズムと戦争
第4章 昭和後期(戦後)―復興と高度経済成長
第5章 昭和後期(戦後)・平成―失われた時代と未来への展望
第6章 日本の出版社―言論によって日本の知性を支えてきた
第7章 日本の出版人―見識と勇気を持って生きた人たち

著者紹介

永江朗[ナガエアキラ]
1958年北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系の洋書店「アール・ヴィヴァン」に約7年間勤務した後、『宝島』などの編集を経てフリーライターに。「哲学からアダルトまで」幅広いジャンルで活躍する。とりわけ書店流通には造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代から現代にいたるまで、日本の出版文化を通史的に解説した、初めての図鑑。①写真や図解でわかりやすく、②社会背景から作品を解説し、③コラムでは代表的な日本の出版社や出版人を紹介してゆきます。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件