ヒロシマを伝える―詩画人・四國五郎と原爆の表現者たち

個数:

ヒロシマを伝える―詩画人・四國五郎と原爆の表現者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 00時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784866210087
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C0095

内容説明

原爆投下後の広島―。「見せまい、語らせまい」としたアメリカと日本政府。吉永小百合さんの朗読で有名な、峠三吉の詩「にんげんをかえせ…」を描いた詩画人・四國五郎。彼と峠たちの権力への抵抗、自由と平和を希求した物語。今、日本人が知っておくべき、「あの日」の後の史実。

目次

第1章 市民が描いた原爆の絵
第2章 原爆を初期から伝えようとしたひとびと
第3章 シベリアの四國五郎
第4章 立ち上がるヒロシマの若者たち
第5章 『われらの詩』の仲間たち
第6章 「原爆の図」が広島にやってきた
第7章 峠と四國、ふたりで作った『原爆詩集』
第8章 広島平和美術展
第9章 ヒロシマを伝える、そして今

著者等紹介

永田浩三[ナガタコウゾウ]
1954年大阪生れ。東北大学教育学部卒業。1977年NHKに入社。ドキュメンタリー、教養番組に携わり、ディレクターとしてNHK特集『どんなご縁で』、NHKスペシャル『社会主義の20世紀』、プロデューサーとして『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』『ETV2001』などを制作する。その間、「芸術作品賞」「放送文化基金賞」「ギャラクシー賞」などを受賞し、また「菊池寛賞」を共同受賞した。2009年、NHKを退社。現在、武蔵大学社会学部メディア社会学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

8
6年生ブックトーク授業【戦争・平和・伝記】で選書した本。今回は見送り。読み応えがあったが、小学生向きではなかったので。広島の原爆についての絵を多く描かれている四国五郎さんのお人柄も知ることができます。2022/07/12

井坂 茜

1
「原爆について批判めいたことを言うと沖縄送りにされる」というGHQのプレスコードがあった時代に、それでもなおあの日の広島の惨状を伝えようとした芸術家たちがいたこと。いま自由に表現が出来る時代に生きていて何をなすべきか。2017/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11052813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。