心に静寂をつくる練習―グーグル本社が本気で取り組む、「立ち止まる習慣」

個数:

心に静寂をつくる練習―グーグル本社が本気で取り組む、「立ち止まる習慣」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月24日 20時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866210018
  • NDC分類 498.34
  • Cコード C0095

出版社内容情報

Gogle本社が本気で取り組む、いまビジネスでいちばん必要なこと。「いまここに集中し最高のパフォーマンスを上げる」ための方法

吉田 典生[ヨシダテンセイ]
関西大学卒業後、編集・記者を経て独立。リーダーシップ論やコーチングを2000年にドリームコーチ・ドットコムを設立。以降、経営・幹部層の個人コーチ、組織コミュニケーション開発のコンサルタントとして「心と役割と行動の最適化」を支援。著書に『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』などがある。

内容説明

以前のやり方では成果が出なくなった、なにかが違う気がするけれど、具体的な解決策が見えてこない、ゼロベースで働き方を考え直してみたい。ザワザワした心をしずめると、集中力が上がり、眠っていた能力が開花する。

目次

序章 結果を出しつづけるための静寂
第1章 どんなに忙しくても立ち止まる練習
第2章 眠っている身体の知性を磨く練習
第3章 いつもザワザワしている心を照らす練習
第4章 仕事の質を高める呼吸の練習
第5章 ハードワークの渦中でも静寂とともにいる練習

著者等紹介

吉田典生[ヨシダテンセイ]
三重県伊勢市生まれ。関西大学社会学部卒業後、ビジネス情報誌、人事・経営専門誌の編集記者を経て独立。2000年に(有)ドリームコーチ・ドットコムを設立。主に経営者、起業家のリーダーシップと組織づくりを支援するエグゼクティブコーチングでは、日本における草分けの一人として活躍。2013年に志を同じくする仲間と一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)を設立。これまでの組織開発やコーチングの知見と神経科学や身体心理学を融合させ、ボディ・ハート・マインドを統合したリーダーシップ基盤を開発するセミナー、企業向けプログラムの開発に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Greatzebra

18
非常に具体的でわかりやすい。すぐに応用できる。この本でも呼吸法は大切。今起こっていることを立ち止まって理解する。渦中にいると、できそうでできない。2016/10/01

サトゥルヌスを喰らう吾輩

6
マインドフルネス本、二冊目。こちらはビジネスパーソンむけ。デジタルを一定時間意図的に断つ、5分ぼーっとしてみる、などはすぐにできそうです。ぼーっとしていると自律神経が交感神経から副交感神経に入れ替わり、DMN(デフォルトモードネットワーク)なる状態が訪れ、いわゆる「ひらめき」がおこりやすくなるそうです。なお、ひらめくときには一時的に視覚野が閉じる(脳のまばたき)こともわかっているのだとか。「脳のまばたき」ってなんかかわいい感じがしました。自分のツボが謎です。2016/12/24

ケルトリ

4
これもまた、心を静め、今に集中するマインドフルネスの本だった。呼吸を意識し、肺が膨らむ・体が緩むと言う感覚を意識する。不安や迷いは過去や未来に意識が行ってしまっているために起こる。大切なのは”今”。今に意識を戻、感覚がズレてしまっていることを自覚すれば、頭の中のモヤモヤとした感覚から解き放たれることができる。2020/08/23

ひみーり

4
ビジネスマン向けに書かれていて求めていたのとは違ったが、マインドフルネスについて知識を深められた。呼吸法を行う際に雑念をかわいい子供やペットだと思って接する、が良かった、客観視の一種なのかなと思った。2019/09/26

ishin10

2
デジタル時代の「立ち止まり方」について様々な方法が挙げられている。しっかりとした瞑想、に疲れたときは「温泉モードの姿勢でくつろぐ」など自然と力が抜ける方法を示してくれる。2021/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10915738
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。