佐々木荘助 近代物流の先達―飛脚から陸運の政商へ

個数:

佐々木荘助 近代物流の先達―飛脚から陸運の政商へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 07時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 313p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866000770
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0063

内容説明

江戸期をつうじて書状や小荷物などの輸送を支えた飛脚。明治政府による通信・輸送体系の刷新による対立を経て列島全土にわたる陸運のネットワークを構築し今日の物流事業の定礎を創りあげていった推進者の生涯。

目次

1 佐々木荘助の誕生(その生い立ち;下妻の歴史と風土;荘助の巣立ち)
2 飛脚問屋の幕末維新(飛脚という事業;幕末動乱と宿駅制度;駅逓改革から郵便創業へ)
3 陸運独占への道のり(駅逓司の攻勢;官民棲み分け体制;駆け引きの舞台裏)
4 佐々木荘助の事業戦略(陸運の政商へ;真誠講の創設;川蒸気・通運丸の運行)
5 陸運の政商が遺したもの(保護喪失と鉄道;競争激化と社内対立;近代企業の創成)

著者等紹介

松田裕之[マツダヒロユキ]
昭和33(1958)年、大阪市生まれ。神戸学院大学経営学部教授。ヒストリーライター。博士(商学)関西大学。本務校で経営管理総論・労務管理論を講じながら、情報通信史や実業史に関する著書を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。