開拓鉄道に乗せたメッセージ―鉄道院副総裁 長谷川謹介の生涯

個数:

開拓鉄道に乗せたメッセージ―鉄道院副総裁 長谷川謹介の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 08時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866000213
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

出版社内容情報

創意工夫の限りを尽くし、日本各地に、台湾に、中国に、鉄路を伸ばしていった鉄道技師。

第一章 鉄道は男子一生の仕事なり
第二章 トンネルを掘り、鉄橋を架ける
第三章 常磐線の建設と小石川の家
第四章 台湾へ渡る
第五章 「速成延長主義」のもとに
第六章 縦貫線着工
第七章 日露の戦雲のなかで
第八章 児玉源太郎と後藤新平、そして謹介
第九章 民生安定のために
第十章 夢は鉄路を駆けめぐる

中濱 武彦[ナカハマ タケヒコ]
1940年、兵庫県西宮市生まれ。中濱万次郎(ジョン万次郎)直径曾孫(四代目)[万次郎の三男・慶三郎の長男・正男の次男]。神奈川県立鎌倉高校卒業。東京ガスに勤務後、執筆活動に入る。日本ペンクラブ・鎌倉ペンクラブ会員、日本海事史学会会員。

著書に『ファースト・ジャパニーズ ジョン万次郎』(講談社)、『ジョン万次郎に学ぶ 日本人の強さ』(KKベストセラーズ)がある。

内容説明

日本の黎明期に、創意工夫の限りを尽くし、日本各地に、台湾に、中国に鉄路を延ばしていった鉄道技師。地域の開発・産業と雇用の創出という開拓鉄道建設の理念を、開拓への熱き心、不合理に挑む心、普遍的な人間愛をもって実現させた長谷川謹介。

目次

第1章 鉄道は男子一生の仕事なり
第2章 トンネルを掘り、鉄橋を架ける
第3章 常磐線の建設と小石川の家
第4章 台湾へ渡る
第5章 「速成延長主義」のもとに
第6章 縦貫線着工
第7章 日露の戦雲のなかで
第8章 児玉源太郎と後藤新平、そして謹介
第9章 民生安定のために
第10章 夢は鉄路を駆けめぐる

著者等紹介

中濱武彦[ナカハマタケヒコ]
1940年、兵庫県西宮市生まれ。中濱万次郎(ジョン万次郎)直系曾孫(四代目)「万次郎の三男・慶三郎の長男・正男の次男」。神奈川県立鎌倉高校卒。東京ガス勤務後、執筆活動に入る。日本ペンクラブ・鎌倉ペンクラブ会員、日本海事史学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。