フェレンツ・フリッチャイ―理想の音楽を追い続けて

個数:

フェレンツ・フリッチャイ―理想の音楽を追い続けて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月19日 05時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 368p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865981056
  • NDC分類 762.347
  • Cコード C0073

内容説明

「フルトヴェングラーとトスカニーニの間に位置する」と評されたその特異な芸風はどのように形成されていったのか―ドイツを中心にヨーロツパやアメリカで活躍したハンガリー出身の指揮者、フェレンツ・フリッチャイ。戦争、音楽界での対立、そして病…多くの困難に直面しながらも、自らが理想とする音楽を追い続け、その中から特異な芸風を創り上げていった名匠の生涯を辿る。

目次

第1章 幼少期から大学卒業まで
第2章 セゲドで指揮者として活動開始、実力を蓄える
第3章 ウィーン客演とザルツブルク音楽祭デビュー
第4章 ベルリン・デビューとRIAS交響楽団首席指揮者就任(第一期ベルリン時代その一)
第5章 RIAS交響楽団を一流オーケストラに(第一期ベルリン時代その二)
第6章 ヒューストン、ミュンヘンでの活動
第7章 晩年(第二期ベルリン時代)
付章 特に忘れ難い演奏

著者等紹介

大脇利雄[オオワキトシオ]
1958年6月、群馬県安中市生まれ。1982年、筑波大学第一学群自然学類(数学主専攻)卒業。同年日本国有鉄道入社、1987年、国鉄分割・民営化に伴い東日本旅客鉄道株式会社に入社、安全対策部門で16年勤めた後、籠原運輸区副区長、安中榛名駅長を歴任。2011年、JR東日本メカトロニクス株式会社に出向、2019年6月、定年で退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のっち♬

97
ファン歴50年の著者の本職は鉄道屋。詳しい音楽論はフリッチャイの自著に譲り、本書はその生涯を証言や文献の引用と共に時系列で辿る。若くして出世したために彼は音楽家よりも才能を理解できない運営との摩擦に悩んだ。独裁型から協働型へ、新即物主義からロマン主義へ、音源と照応するに転換の兆候は発病以前から見られる。大胆な表情づけはしてきたし、晩年も"トスカニーニより速く大音量で"という若い頃のスローガンが時々顔を出す。この時代の指揮者にしては人当たりも面倒見も良い方。W不倫からの再婚、マニアックな音源紹介も興味深い。2023/04/21

コチ吉

7
晩年その風貌や音楽表現がフルトヴェングラーに酷似してきたと言われるフリッチャイだが、若い頃はトスカニーニを手本としていたらしい。頭角を現してから20年程のキャリアというのはいかにも短かい。マタイ受難曲の演奏を望んでいたそうだが、きっとメンゲルベルクやフルトヴェングラーのような、濃厚ロマン主義の演奏とは異なる名演になったことと想像する。2023/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20723024
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。