ベートーヴェンは怒っている!―闘う音楽家の言葉

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ベートーヴェンは怒っている!―闘う音楽家の言葉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865980851
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0073

内容説明

高い理想をかかげ、そのギャップと闘いながら誰よりも人間らしく生きようとしたベートーヴェン。混迷を極めるいま、彼の遺した言葉の数々に改めてスポットライトを当てる。

目次

1777~1801
1802~1811
ベッティーナ・ブレンターノの回想によるベートーヴェンの言葉
1812~1818
ベートーヴェンとゲーテの違い
1819~1827
ベートーヴェンは怒っている

著者等紹介

野口剛夫[ノグチタケオ]
1964年東京生まれ。中央大学大学院(哲学)、桐朋学園大学研究科(音楽学)を修了。作曲理論を別宮貞雄に師事。月刊『音楽の世界』編集長、昭和音楽大学講師を経て、東京フルトヴェングラー研究会代表。フルトヴェングラー研究を軸とした著述、翻訳、講演、指揮、作編曲などの活動は、国内外の多くの放送、新聞、雑誌で紹介される。2014年、月刊『新潮45』2013年11月号掲載の論説「“全聾の天才作曲家”佐村河内守は本物か」が、第20回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

72
書簡、会話帳、日記の記録や、同時代人の述懐から選んだベートーヴェンの言葉の箴言集。年代順に整理された言葉を辿りながら、当時の作品のことなどを思い浮かべる楽しみはあるが、採用された言葉に「このように運命は扉を叩く」とか「シューベルトの中には神の火花が宿っている」というようなシントラーのものも交じっており、素材の信用性に大いに疑問がある。また、コロナで自粛する音楽家を厳しく非難する著者のコラムのタイトルを書名にしているのは全く納得できない。そもそも、ベートーヴェンを「怒り」として受容する考えに私は与しない。2021/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17188375

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。