叢書・20世紀の芸術と文学<br> みんなの寅さんfrom1969

個数:

叢書・20世紀の芸術と文学
みんなの寅さんfrom1969

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 656p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865980745
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0374

内容説明

マドンナ・啖呵売・ロケ地・うた・スタッフ・配役・併映など、全作品の詳細なデータベースを収録!!娯楽映画研究家・佐藤利明が、文化放送「みんなの寅さん」公式サイトで、2011年4月から3年間に渡り、“寅さん博士”として毎週連載を続けた大人気コラムを中心に、夕刊フジ連載「みんなの寅さん」、デイリースポーツ連載「天才俳優・渥美清 泣いてたまるか人生」などを集成。「男はつらいよ」全50作の魅力や、ディープなトリビア「寅ビア」を様々な視点で綴った、寅さんと日本人の半世紀。

目次

第1章 『男はつらいよ』にみる柴又
第2章 昭和四十四~四十八年
第3章 昭和四十九~五十四年
第4章 天才俳優・渥美清 泣いてたまるか人生
第5章 みんなの寅さん
第6章 昭和五十五~六十年
第7章 昭和六十一年~平成七年
終章 お帰り寅さん

著者等紹介

佐藤利明[サトウトシアキ]
構成作家・ラジオ・パーソナリティー。娯楽映画研究家。音楽プロデューサーとしても活躍。ラジオ番組「みんなの寅さん」(文化放送)では2011年から5年半に渡り、構成とパーソナリティを担当。「みんなの寅さん」「夕暮れの阿久悠」で2015年文化放送特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

23
寅さんの世界観を全面的には賛同しかねるが、でも何か日本人の郷愁を誘う映画であることには違いない。帝釈天の参道も、草団子も、江戸川の土手も、ただただ懐かしい(行ったことはないけれどw)。それに加えてマドンナと寅さんの絡みが、年上のお姉さんに憧れた淡い思い出にもつながるからか、これはもう無条件で恥ずかしく?楽しいw。▼全50作品に通底する世界観と渥美清について、654ページ上下二段組みの圧倒的ボリュームで、微に入り細に入りウンチク的解説をしてくれるので、寅さんの世界に入り込みたい人にはたまらない本だろう。2021/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14810293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。