盗んだバイクと壊れたガラス 尾崎豊の歌詞論

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

盗んだバイクと壊れたガラス 尾崎豊の歌詞論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 08時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865980554
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0073

出版社内容情報

尾崎豊の歌の、ひとつひとつの歌詞を、そこに置かれた言葉の謎を解くように丁寧に読み抜き、新たな読みの可能性を切り拓く!!衝撃の死から四半世紀、いまなお愛され、歌われ続ける尾崎豊の名曲の数々、その歌詞を分析することで、尾崎豊の歌の世界をより深く知る新たな試み!!

「最初に言葉があった」と尾崎は言う。「言葉を歌ったのが音楽になっていた」のだと。尾崎豊は、曲先行の時代にあって、珍しく歌詞を評価された書き手であった。今でも彼は、歌詞の中で生き続けている。尾崎豊を知る一番の近道は、歌詞として告白された言葉をよく読むことである。本書では、ひとつひとつの歌詞を、そこに置かれた言葉の謎を解くように、ていねいに読み抜いた。「15 の夜」「卒業」「I LOVE YOU」「十七歳の地図」「永遠の胸」「僕が僕であるために」……新たな読みの可能性を切り拓く!!

歌詞の中で生きた尾崎豊が浮かび上がる。牙をむいた孤独な青年が。
ー石原千秋(早稲田大学 教育学部教授)

●はじめに……危険な人生(ドライブ)/本書について

●序章 尾崎豊の歌詞に向きあう

●第一部 精読のアクロバット
?無力さの冒険「15 の夜」─なぜ盗んだバイクが必要なのか?
?あがいた日々の終わり「卒業」─それは退屈しのぎの反抗だったのか?

●第二部 いろんな場所で、いろんな仕方で
?ふたつの愛のかたち 「I LOVE YOU」と「OH MY LITTLE GIRL」─これは愛なのか?
?過渡期のエネルギー 「十七歳の地図」─半分大人には世の中がどう見えるか?
?パターンで読む 「永遠の胸」─彷徨のすえに見つけた答えは何か?
?ため息が歌に変わるまで 「僕が僕であるために」─勝つために何をするのか?

●第三部 尾崎豊という事件(尾崎論のためのノート)
?尾崎家・少年時代・活動前期─父の謎と「延期と復活」
?活動後期・死・その余波─病跡学とファン分析

見崎 鉄[ミサキ テツ]
著・文・その他

内容説明

「最初に言葉があった」と尾崎は言う。「言葉を歌ったのが音楽になっていた」のだと。尾崎豊は、曲先行の時代にあって、珍しく歌詞を評価された書き手であった。今でも彼は、歌詞の中で生き続けている。尾崎豊を知る一番の近道は、歌詞として告白された言葉をよく読むことである。本書では、ひとつひとつの歌詞を、そこに置かれた言葉の謎を解くように、ていねいに読み抜いた。「15の夜」「卒業」「I LOVE YOU」「十七歳の地図」「永遠の胸」「僕が僕であるために」…新たな読みの可能性を切り拓く。

目次

序章 尾崎豊の歌詞に向きあう
第1部 精読のアクロバット(無力さの冒険「15の夜」―なぜ盗んだバイクが必要なのか?;あがいた日々の終わり「卒業」―それは退屈しのぎの反抗だったのか?)
第2部 いろんな場所で、いろんな仕方で(ふたつの愛のかたち「I LOVE YOU」と「OH MY LITTLE GIRL」―これは愛なのか?;過渡期のエネルギー「十七歳の地図」―半分大人には世の中がどう見えるか?;パターンで読む「永遠の胸」―彷徨のすえに見つけた答えは何か?;ため息が歌に変わるまで「僕が僕であるために」―勝つために何をするのか?)
第3部 尾崎豊という事件(尾崎論のためのノート)(尾崎家・少年時代・活動前期―父の謎と「延期と復活」;活動後期・死・その余波―病跡学とファン分析)

著者等紹介

見崎鉄[ミサキテツ]
1965年生。ライター。歌詞論を中心にサブカルについて論じている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

3
なんだか中高の現国みたいに、書かれたものから深読みしまくる本。こういうの、好きだな。自分が好きなものを、一所懸命に理解しようとしていると、好感を持たざるを得ない。尾崎家vs繁美夫人あたりの没後のごたごたに距離を置いているところも高評価。真っ正面から歌詞全文に取り組む姿勢が気持ち良い。久々に尾崎を聴きたくなり、この本を読み始めた数日前からずっと聴き続けている。2018/09/25

たろーたん

0
85年ごろは尾崎の曲を聞くことを校則で禁止する中学が相次いだ。しかし、90年代半ば、尾崎の内省的な側面、繊細さや純粋さなどが評価されるようになる。「生きる力を育てる」「自ら考える」ゆとり教育により評価されるようになり、02年には中学、高校の倫理の教科書に載るようになった。09年からは脱ゆとりで姿を消すけど。現在では、香山リカが大学の授業で学生に聞かせると「自己中心的なだけ」「何が不満か分からない」らしい。後知らなかったのだけど、「I LOVE YOU」「OH MY LITTLE GIRL」の方が人気なのね2021/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12894325
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。