反戦歌―戦争に立ち向かった歌たち

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

反戦歌―戦争に立ち向かった歌たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 23時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865980523
  • NDC分類 767
  • Cコード C0073

出版社内容情報

国境と時代を越えて歌い継がれてきた世界の反戦歌の歴史とエピソードを綴る!!  お勧めYouTube映像+CDのご案内も掲載人間の命と尊厳を護りぬくために、すべてを破壊する戦争に歌でノーを!!
国境と時代を越えて、脈々と歌い継がれてきた世界の反戦歌。その知られざる歴史とエピソードを綴る!!
それぞれの歌のお勧めYouTube映像+CDのご案内も掲載!!
スペイン内戦、第一次、第二次世界大戦、原爆、沖縄戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争、イラン・イラク戦争……世界中で繰り広げられた戦争の影で、苦しんだ人々を癒し、勇気づけた歌たちの歴史と逸話。

♪本書に登場する反戦歌
●ルノー王の哀歌(フランス)
●ああ カルメーラ!(スペイン)
●もずが枯木で(日本)
●ジョニー、あなただとわからなかった(あのジョニーはもういない)(イギリス)=悲惨な戦争(アメリカ)
●クラオンヌの歌(フランス)
●シレンシオ(アルゼンチン)
●艦砲ぬ喰ぇー残さー(日本)
●さとうきび畑(日本)
●一本の鉛筆(日本)
●ヒロシマの鳥の声(ルーマニア+ アルゼンチン)
●死んだ女の子(トルコ+ アメリカ)
●兵隊が戦争に行くとき(フランス)
●脱走兵(フランス+ アメリカ)
●自殺は苦痛を消してくれる(もしもあの世に行けたなら)(アメリカ)
●戦争の親玉(アメリカ)
●坊や大きくならないで( ベトナム)
●腰まで泥まみれ(アメリカ)
●平和を我等に(アメリカ+日本)
●グッドナイト・サイゴン?英雄達の鎮魂歌(アメリカ)
●兵士のミロンガ(アルゼンチン)
●私の息子がほしいなら(アルゼンチン)
●想像してみて(イラン)
●平和の歌(イスラエル+ ブラジル)

竹村 淳[タケムラ ジュン]
著・文・その他

内容説明

人間の命と尊厳を護りぬく!!そのためにすべてを破壊する戦争に歌でノーを!!国境や時代を越えて、脈々と歌い継がれてきた世界の反戦歌。その知られざる歴史とエピソードを綴る!!それぞれの歌のお勧めYouTube映像+CDのご案内も掲載!!

目次

ルノー王の哀歌(La)Complainte du Roy Renaud(ルノー王が戦争から帰還したLe Roi Renaud de guerre revient)(フランス)
ああカルメーラ! Ay Carmela!(スペイン)
もずが枯木で(日本)
ジョニー、あなただとわからなかった(あのジョニーはもういない)Johnny I Hardly Knew Ye(イギリス)
~悲惨な戦争 The Cruel War(アメリカ)
クラオンヌの歌 La chanson de Craonne(フランス)
シレンシオ Silencio(アルゼンチン)
艦砲ぬ喰ぇー残さー(OKINAWA REQUIEM)(日本)
さとうきび畑(日本)
一本の鉛筆(日本)
ヒロシマの鳥の声 Las voces de los pajaros de Hiroshima(ルーマニア+アルゼンチン)〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

29
新着図書コーナーから。今こそ、反戦歌を、ということばから始まり、その定義、歴史、現存する最古の反戦歌、そしてなんとも丁寧なことにYoutubeまで紹介してくれる、というかゆいところに・・・な一冊です。自分が一曲選ぶならLIVEのWhat Are We Fighting For? だなあ。2019/04/19

trazom

2
単に「反戦歌」の紹介をするだけでなく、その背景となった政治状況・時代状況を詳しく述べたうえで、著者のスタンスも明確にしている。また、それぞれの歌に関わった作曲者や歌手のことなどをとても詳しく調べて記述している著者の姿勢に敬意を覚える。また、22曲を1章ごとに説明した各章末に「お勧めYou Tube」を紹介しているのも、とてもいい。これだけたくさんの反戦歌が作られ、そして、それらがいつまでも歌い継がれなければならないということこそが、この世界の現実であり悲劇である。2018/07/23

ソニックゆうすけ

0
有名どころの歌手では、森山良子、美空ひばり、ボブ・ディラン、ビリージョエル、ボリスヴィアンなど。南米など、色々な地域からも収録されていて、勉強になる。ただ政治の事があまり詳しくないので理解できない曲も。YouTubeや、CDの紹介が各曲でなされていて、親切だと思いました。軽い気持ちでは聴けない曲たちに触れてみたいです。2018/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12725239

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。