龍馬を斬った男今井信郎伝

個数:

龍馬を斬った男今井信郎伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月17日 18時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865980462
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0021

出版社内容情報

坂本龍馬暗殺者のレッテルを覆す、今井信郎の、その知られざる生き様!! 気鋭の歴史学者が描く、初のノンフィクションノベル!!暗殺者のレッテルを覆す、その知られざる生き様!! 気鋭の歴史学者が描く、初のノンフィクションノベル!!

幕末の英雄・坂本龍馬を斬った男、今井信郎。見廻組に属して龍馬を斬ったことのみが注目されてきたが、この男の本領は、龍馬暗殺以後にあった。鳥羽伏見から五稜郭までの激烈な戊辰戦争を戦い抜き、維新後は、西郷隆盛に加勢し西南戦争に従軍しようとした。牧之原開墾にも従事、ついには初倉村(現・静岡県島田市)の村長にまでなり、後半生を地域振興に捧げる。官軍史観では見えてこない敗れし男の美学と生き様を描ききる!

明治維新150 年記念出版!!

第一章 戦人

第二章 龍馬

第三章 死闘

第四章 余震

第五章 戊辰

第六章 意地

第七章 供述

最終章 転生


濱田 浩一郎[ハマダ コウイチロウ]
著・文・その他