LLブックやさしくよめる本<br> ぼくと目の見えない内田さんがであったはなし

個数:

LLブックやさしくよめる本
ぼくと目の見えない内田さんがであったはなし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 06時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 39p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865964059
  • NDC分類 K369
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

48
視覚障害のある方に音訳ボランティアをしている(まだ新人です)私にとって、伊藤亜紗さんの『目の見えない人は世界をどう見ているのか』と同様に、この本も示唆の多い1冊だった。内田さんの逞しい生き方に感銘を受けた。障害があってもなくても共に生きられる社会をつくっていきたい。本書の構想がひらめいて、すぐ製作に着手なさった赤木かんこさんに感謝。子どもにも大人にも、ぜひ読んでもらいたい。2021/09/14

ネギっ子gen

41
著者名に惹かれ――。“ハンディキャップ”と“ユニバーサルデザイン”をわかりやすく描いた絵本。主人公の少年が自販機の前で出会ったのは、全盲の「内田さん」。コーヒーのボタン探しを手伝ったことをきっかけに、普段どんなふうに街を歩き、どう困っているかを教えてもらう。全盲の方達と知り合いになる機会がなかった人に、視覚障害者の体験を伝える。【LLブックとは】「LL」とは、スウェーデン語の「Lattlast」(英語ではeasy to read)の略。誰もが読書を楽しめるように工夫した、「やさしく読みやすい本」のこと。⇒2021/07/10

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

40
視覚障害の方への対応、ユニバーサルデザインなどについて分かり易く書かれている。10年ほど前に、視覚障害の方に「私達を可哀そうだという目線では見ないで。困ってそうな人には〝何かお手伝い出来る事はありますか?”」のように対応をしてと言われたことがあるので、今は視覚障害の方に接した時は、見守りを行い困ってそうな時にしか声をかけないようにしている。その対応でいいと理解出来た。子供達にも早い段階より、障がいがあるないに関わらず、皆が住みやすい環境作りとして、この本を手に取って欲しい。 2021/10/31

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

38
読書まつり 小5、6年に読み聞かせ。視覚障がい者の方への対応が分かり、必要な時にはお手伝いしたいとの感想。2021/11/24

ヒラP@ehon.gohon

29
心なしか、視覚障害の人と出会うことや、視覚障害の人が事故にあったニュースを思い浮かべることが増えて来ました。 一方で、パラ陸上での活躍や、日頃前向きで陽気な視覚障害のの友人を持っていたりします。 この本で、視覚障害者への偏見が理解に変われば良いと思います。 ちょっとした心づかいが、ユニバーサルデザインにつながることも、その工夫の大切さも、わかりやすく書かれていました。 内田さんについてのエピソードも、良かったです。2021/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18003739

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。