実践生成AIの教科書―実績豊富な活用事例とノウハウで学ぶ

個数:

実践生成AIの教科書―実績豊富な活用事例とノウハウで学ぶ

  • 提携先に13冊在庫がございます。(2024年05月29日 14時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 228p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865943986
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

出版社内容情報

◆◆生成AI活用の最前線部隊が得た知見を大公開◆◆



日立グループは2023年、データサイエンティストやAIの研究者、広範なスペシャリストをGenerative AIセンターへ集結。全社での生成AI活用を推進し、そこで得た知見を顧客へ提供しています。

本書ではそうしたナレッジをいち早く紹介。一般的なデスクワークからコールセンター、システム開発、社会インフラの維持・管理、データサイエンスまで、国内屈指の実績に裏付けられたAI活用のノウハウを惜しみなく開示します。



■対象読者

本書では次のような方々を主な対象読者として想定しています。

(1)生成AIによって業績をアップしたい経営企画部、DX推進部、情報システム部の方々

(2)生成AIをソフトウエェア開発やシステム開発に活用したいシステムエンジニア

(3)生成AIを業務でフル活用したい一般の業務担当者

(4)生成AIを活用して生産性を高めたいデータサイエンティスト

(5)プロンプトエンジニアリングやRAGなど、生成AIの活用テクニックを学びたいエンジニア



■本書の構成

本書は1章から3章までを「基礎知識編」、4章以降を「ユースケース編」とし、以下の流れで解説します。

・1章 生成AIとは?:生成AIとは何かをご説明します。また、各企業での典型的な取り組みや、日立グループの取り組みもご紹介します。

・2章 生成AI活用に必要なこと:生成AIの活用に必要な、生成AIの関連サービス、システム/環境、利用ガイドライン、デジタル人材についてご紹介します。

・3章 生成AIプロジェクトの進め方:企業内で生成AIプロジェクトをどう進めて行くのか、基本的なプロセスと各ステップでの作業をご紹介します。

・4章~8章 生成AI活用ユースケース:企業における代表的なユースケースをご紹介します。
(1)社内での一般利用(4章)

(2)システム開発の生産性向上(5章)

(3)コールセンターでの活用(6章)

(4)社会インフラの維持・管理での活用(7章)

(5)データサイエンティストによる活用(8章)

これらのユースケースにおけるプロンプトエンジニアリングやRAGなど、生成AI活用に必要なテクニックも併せてご説明します。

・9章 生成AIの未来:今後、生成AIがどう企業の中で使われていくのか、未来像について考えます。

生成AIは2023年から大きなブームとなり、企業内での活用が始まりましたが、本書を通じて生成AI活用がさらに進むことを期待します。 (本書まえがきより抜粋・編集)

目次

基礎知識編(生成AIとは?;生成AI活用に必要なこと;生成AIプロジェクトの進め方)
ユースケース編(社内での一般利用;システム開発の生産性向上;コールセンターでの活用;社会インフラの維持・管理での活用;データサイエンティストによる活用)
最終章(生成AIの未来)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yakamazu

0
プロンプトの手法→ReAct(思考、判断、振り返りの繰り返し)、Goal Seek Prompt(曖昧なゴールを起点にして生成AIから問いかけ適切なプロンプトを作成してもらう)、Take a deep breath、Emotion Prompt ユーザー要件確認、バックエンドとフロントエンドの設計への適用 機能に対するテストケースの作成2024/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21859772
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。