地域循環型社会の実現に向かって―実証フィールドNTTe‐City Laboから

個数:

地域循環型社会の実現に向かって―実証フィールドNTTe‐City Laboから

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月14日 08時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 300p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865943856
  • NDC分類 601.1
  • Cコード C3034

出版社内容情報

人口減少、高齢化が進む中、全国の各地域では、担い手不足・後継者不足をはじめ多くの課題に直面せざるを得ない状況下に置かれている。本書では、このような課題を解決すべくNTT東日本が立ち上げた実証フィールド「NTTe-City Labo」で現在行われている36の取り組みをあますことなく解説しました。AIやICTといった最先端技術の適用により、さまざまなソリューションが展開されます。

地域に根ざした課題に悩む自治体の方々、あるいは企業や教育関係の方々に、解決へのヒントがきっと見つかる最適の一冊です。

内容説明

社会課題を解決し地域の魅力を引き出す!36の取り組み事例。

目次

第1部 地域循環型社会の実現に向かって(インタビュー 地域循環型社会の共創に向けてNTTe‐City Laboは進化し続けます(東日本電信電話株式会社 加藤成晴氏)
序論 「デジタルローカルハブ」が地方・日本の創生を実現する(野村総合研究所 神尾文彦氏))
第2部 地域の価値創造に向けた取り組み(地域の産業振興・経済成長に向けて;地域の賑わい創出に向けて;地域の安心・安全の高度化に向けて)
第3部 地域の導入事例(JA全農“農業の効率化”遠隔栽培支援システムで農業の担い手不足解消―栽培ノウハウの活用で生産性向上 ゆめファーム全農プロジェクト;NTT e‐Drone Technology“インフラ保守の効率化”国産ドローンの普及・活用へ オペレーター、データ分析をセットで提供―手軽に活用「おまかせeドローン」パッケージ ほか)
第4部 オープンな実証・検証を推進(ローカル5Gオープンラボ―活用効果の創出へ共同実証;IOWN Labo―共創を通じ価値体験の場に;νLab(ニューラボ)ワイヤレスの新技術と活用)