土台からしっかり学ぶ ソフトウェアテストのセオリー

個数:

土台からしっかり学ぶ ソフトウェアテストのセオリー

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2024年02月24日 14時29分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 420p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865943627
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

出版社内容情報

テストプロセスの設計から各種手法、技術選択を裏付けるロジックなど、本書はソフトウェアテストの全体像を網羅し、初歩から体系的に整理。研究開発と業務の第一線で活躍中の著者陣が知見を持ち寄りました。通り一遍の教科書に終わらず、詳しい実例解説や最新の話題、実務の手引をふんだんに盛り込んでいます。奥深い――知的刺激に満ちたテストの世界を堪能してください。



序 章 ソフトウェアをテストするとは?



■第Ⅰ部 テストってなに?

第1章 ソフトウェアテストの概要

第2章 ソフトウェアテストのプロセス



■第Ⅱ部 テストしてみよう!

第3章 テスト設計のセオリー

第4章 要求や仕様に基づくテスト技法

第5章 プログラムコードに基づくテスト技法

第6章 人が持つ情報に基づくテスト技法

第7章 テスト実装と実行のセオリー

第8章 テスト環境のセオリー



■第Ⅲ部 テストをもっとうまくやろう!

第9章 テスト計画のセオリー

第10章 テスト管理のセオリー

第11章 自動テストのセオリー



■第Ⅳ部 より深く理解しよう!

第12章 ソフトウェアを動かさないテスト

第13章 いろいろなテスト技法

第14章 テストプロセスの改善



ソフトウェアテストは、テスターや品質保証部門だけの仕事ではありません。単に不具合を見つけ出す以上の役割があるのです。本書は、そのような「ソフトウェアテストの広い役割を知ってほしい」と思って執筆しました。

 主な読者には、「開発経験は多少あるものの、テストについてはこれから」、あるいは「改めて知識を整理したい」というエンジニアの方々を想定。基本的な概念を体系的に示しつつ、新しいトピックスも含めることで、ソフトウェアテストの全体感を一冊で俯瞰できるようにしました。また、多くの先人たちの知見を紹介する一方、筆者たちが業務で行っている工夫を加え、読者が実践的な技法まで修得できるよう最大限努めました。

本書の執筆陣は、幅広い事業領域を持つ企業で、各々が複数の製品ドメインに携わってきた研究者や技術者です。社内外でテスト技術の普及活動にも携わってきました。それぞれが得意とするネタを持ち寄って、できる限り広範に、実践的な内容を盛り込みました。 (本書「まえがき」より抜粋して編集)

内容説明

テストプロセスの設計から各種手法、技術選択を裏付けるロジックなど、ソフトウェアテストの全体像を網羅し、初歩から体系的に整理。研究開発と業務の第一線で活躍中の著者陣が知見を持ち寄りました。通り一遍の教科書に終わらず、詳しい実例解説や最新の話題、実務の手引をふんだんに盛り込んでいます。

目次

ソフトウェアをテストするとは?
第1部 テストってなに?(ソフトウェアテストの概要;ソフトウェアテストのプロセス)
第2部 テストしてみよう!(テスト設計のセオリー;要求や仕様に基づくテスト技法 ほか)
第3部 テストをもっとうまくやろう!(テスト計画のセオリー;テスト管理のセオリー ほか)
第4部 より深く理解しよう(ソフトウェアを動かさないテスト;いろいろなテスト技法 ほか)

著者等紹介

小川秀人[オガワヒデト]
株式会社日立製作所研究開発グループ主管研究員。博士(情報科学)。ソフトウェア開発技術の研究や適用に従事。開発に役立つと感じた技術にいろいろ手を出してきたが、振り返ればソフトウェアテストに関する取り組みが多い。日立グループ横断で組み込みソフトウェア開発の改善に取り組む活動に長年関わってきた。情報処理学会や、AIプロダクト品質保証コンソーシアムの運営、セミナー講師など社外での活動もある

佐藤陽春[サトウアキハル]
ソフトウェア開発などITのインストラクターを経験したのち、現職である日立Astemo株式会社に移り、ソフトウェア開発環境の改善を担当している。約10年前から日立グループ横断の活動として、参加メンバのテストの悩みの解決を目的としたソフトウェアテストワーキンググループを運営。社外活動としてテスト設計コンテストの運営にも携わっている。IT資格をソフト開発系中心にそこそこ所有。エンベデッドシステムスペシャリスト、情報処理安全確保支援士(未登録)、Oracle Certified Java Programmer、Gold SE 8、UMTP L3、JSTQB Advanced Levelテストアナリスト、技術士(情報工学部門)など

森拓郎[モリタクロウ]
株式会社日立製作所研究開発グループ研究員。入社以来主にソフトウェアの改善に関する研究開発業務に携わる。担当した分野は多岐に渡り、ネットワーク機器、金融システム、電力システム、車載装置から医療機器など。また社内横断活動として、ソフトウェアテストとソフトウェアアーキテクチャのワーキンググループの運営に参画しており、日々メンバの技術力向上をめざしてディスカッションやコーチングを推進している

加賀洋渡[カガヒロト]
株式会社日立製作所研究開発グループ研究員。組み込みソフトウェアの性能改善や、ソフトウェアテストの自動化、CI/CDの導入に従事。日立グループを横断したソフトウェアテストに関するワーキンググループを運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tenouji

12
開発の人に、テストの話しをするのが、案外、難しい。ということで、ソフトウェアテストの世界が網羅的に書かれていいそうな本書を、ざっと流し読み。割と整理されている感じで、よかったです。2023/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21011462
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。