Kaggleで磨く機械学習の実践力―実務×コンペが鍛えたプロの手順

個数:
  • ポイントキャンペーン

Kaggleで磨く機械学習の実践力―実務×コンペが鍛えたプロの手順

  • ウェブストアに38冊在庫がございます。(2022年06月26日 08時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 360p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865943269
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

出版社内容情報

●Kaggleは楽しい!
Kaggleは誰でも気軽に参加できるデータ分析の競技コンペです。
コンペで試した技を、実務に応用する――そのシナジーにより、みるみる実力が付きます。
Kaggleマスターの著者自身がそうして得たノウハウを、惜しげもなく本書では公開します。
しかし、本書を通じてお伝えしたいのは、何よりKaggleのワクワク感です!

内容説明

Kaggleは誰でも気軽に参加できるデータ分析の競技コンペです。コンペで試した技を、実務に応用する―そのシナジーにより、みるみる実力が付きます。Kaggleマスターの著者自身がそうして得たノウハウを、惜しげもなく本書では公開します。しかし、本書を通じてお伝えしたいのは、何よりKaggleのワクワク感です!

目次

第1部 分析実務とKaggle(実務に必要なスキルとは;Kaggleの概要;Kaggleを学習ツールに)
第2部 機械学習の進め方(ベースライン作成;特徴量エンジニアリング;モデルチューニング)
第3部 実践例(2値分類のコンペ;回帰問題のコンペ;データサイエンティストの未来)

著者等紹介

諸橋政幸[モロハシマサユキ]
株式会社日立製作所Lumada Data Science Lab.東北大学大学院卒(理学研究科物理学専攻)。1999年に日立製作所へ入社。2012年にデータ分析部署(その年度に新設)に異動し、データ分析を使って顧客課題を解決する業務に従事。分析経験ゼロからスタートし、約10年間の実務経験を経て今に至る。分析コンペ歴は約6年。Kaggle称号はMaster(2022年1月現在のメダル獲得数は金1個、銀6個、銅3個)。またSIGNATEの創薬コンペで優勝、Nishikaのレコメンドコンペで2位入賞。趣味は「卓球」と「ゲーム(主に対戦格闘)」、そして「分析」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。