車載イーサネット―“クルマIT”高度化への基盤技術

個数:

車載イーサネット―“クルマIT”高度化への基盤技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 16時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 371p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784865943153
  • NDC分類 537.6
  • Cコード C3055

出版社内容情報

これからの"クルマ"の共通インフラを知る!

自動車は、現在ではグローバルな通信ネットワークのノードの1つになりつつあります。そして自動車と「外の世界(インターネット)」とのシームレスな接続は、将来の利用法に魅力的な展望をもたらすことになるでしょう。
本書はその重要なインフラ基盤を示した原著「Automotive Ethernet 3rdedition」の完全翻訳版です。
Tier 1からTier 3に至る多くのメーカー、サプライヤーの技術者にとって、今後必須となる技術ドキュメントが満載の一冊です。

内容説明

自動車は現在ではグローバルな通信ネットワークのノードの1つになりつつある。そして自動車と「外の世界」とのシームレスな接続は、将来の利用方法に魅力的な展望をもたらすだろう。本書はその重要な基盤技術を示した原著「Automotive Ethernet 3rd Edition」の完全翻訳版である。

目次

第1章 イーサネット小史(自動車メーカーの視点から)
第2章 車載ネットワーキング小史
第3章 車載イーサネット小史
第4章 車載環境
第5章 車載イーサネット物理層のテクノロジ
第6章 車載イーサネットと電源
第7章 車載イーサネットのプロトコル
第8章 車載システム開発におけるイーサネット
第9章 今後の展望

著者等紹介

Matheus,Kirsten[MATHEUS,KIRSTEN]
BMW社で車載ネットワーキング戦略を担当し、自動車業界内の標準技術としてイーサネットベースの通信を確立してきた通信エンジニア。以前はフォルクスワーゲン社、NXP社、エリクソン社で職務に就いていた。2019年に論文「車載イーサネットネットワーキングの開発に対するビジョン、リーダーシップ、および貢献」が認められ、IEEE‐SA Standards Medallionを受賞

K¨onigseder,Thomas[KONIGSEDER,THOMAS]
Technica Engineering社のCTOであり、自動車分野の顧客向けに、イーサネットベースのシステムの円滑な導入を支援している。以前に勤務していたBMW社では、2008年のイーサネット接続機能を搭載した最初の量産車の発売を担当。2013年の量産開始に向けて最初の車載イーサネット物理層を有効にし、今日の車載イーサネットへの道を切り拓く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。