インフラ設計のセオリー―要件定義から運用・保守まで全展開

個数:

インフラ設計のセオリー―要件定義から運用・保守まで全展開

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 262p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865941883
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

出版社内容情報

■システム基盤技術に経験豊富なエンジニアが、現場実務から
得た知見をもとに、要件をわかりやすくまとめたインフラ上流
工程の実務入門書。
-------------------------------------------------------------
◆インフラに求められる要件を、筆者らの実務経験に照らして
項目化・分類。
インフラ設計の現場でなかなか見えにくかった知識や経験が具
体化・体系化されており、設計の勘所が明瞭に見えてきます。

◆要件定義から可用性、性能・拡張、運用保守、セキュリティ
まで、設計の全体像を分かりやすく工程別に解説
さらに各工程のポイントをていねいに説明しています。

◆様々なケースでの適用に配慮し、考え方の指針を分かりやす
く明示。
インフラ業務未経験者が基礎知識を習得するための入門テキス
トとしても有効です。

序章 システムインフラについて
  0.1 システムインフラとは
  0.2 システムインフラの使命

第1章 インフラ構築の流れ(設計の前に?)
  1.1 インフラ構築の流れ(1)?各工程の流れ
  1.2 インフラ構築の流れ(2)?企画および計画工程
  1.3 インフラ構築の流れ(3)?要件定義工程
  1.4 インフラ構築の流れ(4)?設計および製造、テスト工程
  1.5 インフラ構築の流れ(5)?運用保守工程とプロジェクト
     ライフサイクル

第2章 インフラの要件定義と非機能要求(設計の前に?)
  2.1 インフラの要件定義
  2.2 非機能要求に対する課題解決の第一歩?非機能要求グレー
     ドの活用
  2.3 非機能要求項目の概要
  2.4 要件の実現へ?システム構成決定へのアプローチ

第3章 要件定義から設計へ
  3.1 そもそも「設計」とは?
  3.2 基本設計と詳細設計の位置づけと記載内容
  3.3 本書で使用する設計モデルシステム―3階層システムとは

第4章 可用性設計のセオリー
  4.1 可用性設計?SPOFと冗長化
  4.2 冗長化の例(1)?サーバ内ハードウェアの冗長化
  4.3 冗長化の例 (2) ?サーバの冗長化

第5章 性能・拡張性設計のセオリー
  5.1 性能・拡張性を考慮した設計
  5.2 システム拡張性の確保

第6章 運用・保守性設計のセオリー
  6.1 システム運用項目(1)?運用時間
  6.2 システム運用項目(2)?システム停止時間
  6.3 システム運用項目(3)?バックアップ
  6.4 システム運用項目(4)?システム監視
  6.5 システム運用項目(5)?運用時の体制
  6.6 システム運用機能の自動化

第7章 セキュリティ設計のセオリー
  7.1 情報技術(IT)による対策
  7.2 識別と認証
  7.3 暗号化に関わる対策
  7.4 通信制御
  7.5 監視・制御
  7.6 セキュリティリスク管理
  7.7 ウイルス・マルウェア対策

付録 商用システムにおけるシステム構成の変遷

JIEC 基盤エンジニアリング事業部 インフラ設計研究チーム[ジェイアイイーシー キバンエンジニアリングジギョウブ インフラセッケイケンキュウチーム]
著・文・その他

内容説明

本書は、オープン系システムにおけるインフラ(基盤・運用)の領域を対象とし、要件定義から基本設計に至るまでの範囲をカバーします。インフラは、アプリケーションとは異なり、目に見える機能・効果を提供しているわけではないので、要件をどのような形でまとめるかが課題となります。本書では、インフラに求められる要件を項目化・分類することによって、「見える化」を行い、具体化された要求によって過不足なく要件を整理できるようにします。そして検討段階から設計に至るまでの局面で、どのような観点で検討し、どのように整理していくかについて解説します。

目次

序章 システムインフラについて
第1章 インフラ構築の流れ(設計の前に1)
第2章 インフラの要件定義と非機能要求(設計の前に2)
第3章 要件定義から設計へ
第4章 可用性設計のセオリー
第5章 性能・拡張性設計のセオリー
第6章 運用・保守性設計のセオリー
第7章 セキュリティ設計のセオリー
付録 商用システムにおけるシステム構成の変遷

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yoh Sano

2
全体像を知るには良いかもしれない。 ただ、クラウドが主流になっていたり、Kubernetesも出てきているので、そこの部分を考慮すると少し古い感が出ていることは否めないなと思う。2019/12/07

Pamyu

1
非機能要求グレード2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13436741

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。