Autoware自動運転ソフトウェア入門

個数:

Autoware自動運転ソフトウェア入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月21日 18時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 207p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865941876
  • NDC分類 537.8
  • Cコード C3055

内容説明

Autowareは、一般道での自動運転を可能とするソフトウェアプラットフォームで、名古屋大学を中心に開発され、2015年に世界にさきがけてオープンソースとして公開されました。本書は、自動運転システムの入門者向けに、Autowareを利用するにあたって必須の機能について解説しました。自動運転車両がなくても、rosbag(実証実験などのデータを蓄える仕組み)を利用することで、PC上でシミュレートし、Autowareを仮想体験できる内容としています。

目次

1 はじめに
2 Autowareの概要
3 環境構築
4 ROS
5 Autowareの立ち上げ
6 自己位置推定
7 環境認識
8 経路生成と経路計画
9 経路追従
10 事例紹介

出版社内容情報

Autowareは、一般道での自動運転を可能とするソフトウェアプラットフォームです。
名古屋大学を中心に開発され、2015年、世界に先がけてオープンソースとして公開され
ました。

本書は、自動運転システムの入門エンジニア向けに、Autowareを利用するにあたって必須
の機能とその使い方を解説しました。専用の自動運転車両を用いなくても、rosbag(実証実
験などのデータを蓄える仕組み)を利用することで、PC上で実データを用いたシミュレーション
ができる内容となっています。
(シミュレーションには、一定の性能を備えたPCが必要となります。)

レベル4、5段階での実用化が見えて来た来た現在、自動運転システムに興味のあるエンジニアに
お奨めの一冊です。

◆目次◆
第1章 はじめに
第2章 Autowareの概要
第3章 環境構築
第4章 ROS
第5章 Autoware の立ち上げ
第6章 自己位置推定
第7章 環境認識
第8章 経路生成と経路計画
第9章 経路追従
第10章 事例紹介