IoTネットワークLPWAの基礎―SIGFOX、LoRa、NB‐IoT

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 209p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865940985
  • NDC分類 547.5
  • Cコード C3055

出版社内容情報

IoT構築に欠かせないLPWAの代表的な技術をやさしく解説
モノのインターネットIoT(Internet of Things)は、世の中に存在するあらゆるモノをインターネットに接続して、高度情報化社会を実現するものです。
2017年は、LPWA元年と言われます。最近、LPWA技術の市場動向に関連する記事が多く見られるようになり、関心が高まってきています。
本書では、LPWAの主要技術であるSIGFOX、LoRaWANおよびLTE Cat M1/NB-IoTについて調査し、わかりやすく解説しました。

内容説明

LPWAの主要技術であるSIGFOX、LoRaWANおよびLTE Cat M1/NB‐IoTについて筆者が独自に調査し、わかりやすく解説しました。

目次

第1章 IoT向け通信のLPWA(LPWAとは;低消費電力長距離無線技術;LPWAのアプリケーション)
第2章 SIGFOX(SIGFOXとは;SIGFOXシステム;SIGFOX無線技術の概要;SIGFOXデバイス;SIGFOX通信の利用方法)
第3章 LoRaWAN(LoRaWANとは;LoRaWANシステム;LoRa変調;LoRaWAN規格の概要;LoRaWANの開発)
第4章 LTE Cat M1/NB‐IoT(Cat M1/NB‐IoTの概要;LTEシステムの構成;OFDM拡散変調技術;規格の概要;Cat M1/NB‐IoTの開発)
第5章 まとめ

著者等紹介

鄭立[テイリツ]
工学博士。1989年東北大学大学院工学研究科工学博士取得。1990年~2014年、山武ハネウエル(現・アズビル株式会社)主席技師。2014年~現在、株式会社チノー技術顧問。2002年度計測自動制御学会賞(著述賞)を受賞。2016年度計測自動制御学会フェロー称号受称。専門分野はIoT/M2M無線通信技術(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ryo4016

0
LPWAについて理解を深めることができた。LoRaがどの様な無線技術であるか分かりやすく書かれている。LoRa WANがどの様なシステム構成で実現されるのか理解できた。再読にて理解を深めたい。LoRaデバイスを構築し無線モジュールを制御し通信を実施したい。2017/09/20

ぽんこつメーカー営業マン

0
2019年の更新verが読んでみたい。公開されてないSigfoxについても書かれていたので、ZETAなど新しいLPWAについても知りたい。2019/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11855821
  • ご注意事項