やぶにらみ 鳥たちの博物誌―鳥とりどりの生活と文化

個数:

やぶにらみ 鳥たちの博物誌―鳥とりどりの生活と文化

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 23時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 375p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865820089
  • NDC分類 488
  • Cコード C0045

内容説明

ある時は神として崇拝され、またある時は悪魔の手先として非難され、鳥たちはわたしたち人間の歴史にいつも深くかかわりあってきた。鳥類学上の知見に加え、文学・絵画・音楽・大衆文化などの該博な知識を縦横に駆使して、鳥たちが、地球の歴史と文化に果たした驚くべき役割と、鳥にとりつかれた人間の数奇な人生を、軽妙でひねりを効かせた文章で語りつくす。

目次

1 飛べない鳥
2 海鳥
3 猛禽
4 水鳥
5 猟鳥
6 歌う鳥
7 木に止まるその他の鳥
8 無所属の鳥

著者等紹介

ターナー,デイヴィド[ターナー,デイヴィド] [Turner,David]
ロンドンをベースに、Financial Timesやロイター通信などに寄稿してきたライター。世界を股にかけてのバードウォッチングを、そしてケンブリッジ大学で歴史学の学位を取得するまでマンウォッチングを続け、ジャーナリストの道へ。英国鳥類学協会のヴォランティアの会員

別宮貞徳[ベックサダノリ]
1927年、東京に生まれる。東京大学理学部動物学科入学。在学中聖職者を志すにいたり、東京カトリック神学院に渡る。2年半ばで体調を崩し休学。上智大学英文科に渡る。同大学文学部教授を経て、現在、翻訳家、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつだい

1
博物館に書いてありそうなウンチクがまとめられた一冊。一匹の鳥について数ページしか書いていないし、その鳥の基本的情報が書いていないので、鳥図鑑と一緒に読むのがいい。というかそうじゃないとどんな鳥かがよくわからない。2016/03/05

竜玄葉潤

0
文書として面白いのだが、鳥のことを知りたいと思って読むなら、ネットか図鑑が必須。扱った鳥からすると、この作者は日本に何回か来てるのかな?2019/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10138863

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。