名将乃木希典と帝国陸軍の陥穽

個数:

名将乃木希典と帝国陸軍の陥穽

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月23日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865812879
  • NDC分類 210.67
  • Cコード C0095

出版社内容情報

愚直な名将の勝利と空論参謀の惨敗!

司馬遼太郎は小説『坂の上の雲』で、日露戦争時における満州軍第三軍の司令官・乃木希典と参謀長・伊地知幸介を無能の愚将としてこっぴどくこきおろしている。そのうえ、昭和の帝国陸軍の暗黒と、ノモンハン事件、太平洋戦争敗戦の源は彼らにあるとした。

しかし資料によると乃木軍が、日露戦争の勝利に大きく貢献している。はじめは、主攻を助けるために旅順のロシア兵を封じ込めるだけの「備え」的な役割であったが、その後海軍を助けるため、また主攻に加勢するために旅順を陥落させ、最終的には自分たちが主攻となり、奉天会戦を勝利へと導いたのだ。

一方で、司馬は陸軍大学教官のドイツ人・メッケルを絶賛したが、陸軍大学で脈々と引き継がれた「メッケル軍学(攻撃重視・火力軽視・補給無視)」は、やがて陸軍参謀の服部卓四郎、辻政信、瀬島龍三によって昭和の破滅をもたらす。

本書は、多数の資料で司馬史観の「欠陥」を立証し、日露戦争以降の帝国陸軍の戦いの真相も明らかにする。

内容説明

帝国陸軍の愚の系譜を史実で再検証!司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』で、無能の愚将として描かれた乃木希典と伊地知幸介。しかしさまざまな資料を読み解くと、まったく別の事実が浮かび上がってくる―司馬史観の「欠陥」、日露戦争から昭和の敗戦にいたる帝国陸軍の戦いの真相が明らかに!

目次

序章 日本陸軍の愚の系譜(昭和の敗戦の原点;明治の帝国陸軍とドイツ軍学)
第1章 日露戦争:旅順攻防戦(金州・南山の激戦;旅順をいつ攻めるか;旅順第一回総攻撃;旅順第二回総攻撃前哨戦;旅順第二回総攻撃;旅順第三回総攻撃)
第2章 日露戦争:遼陽・沙河会戦(遼陽会戦;沙河会戦)
第3章 日露戦争・奉天会戦(相次ぐ作戦変更;決着)
補章 史実から目をそらした司馬史観(ノモンハン事件の実相;太平洋戦争に見る日本戦車の戦闘力)

著者等紹介

鈴木荘一[スズキソウイチ]
1948年、東京に生まれる。近代史研究家。1971年東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行にて審査、産業調査、融資、資金業務などに携わる。2001年日本興業銀行を退社し、以後歴史研究に専念、「幕末史を見直す会」代表として、活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。