超ヤバい話―地球・人間・エネルギーの危機と未来

個数:

超ヤバい話―地球・人間・エネルギーの危機と未来

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865811117
  • NDC分類 404
  • Cコード C0095

内容説明

近未来に文明崩壊&人類全滅のカタストロフィーは起こるのか!?地球は温暖化、それとも寒冷化!?アメリカ人が本気で恐れるイエローストーン大噴火!原子力や化石燃料に代わりうる夢の新エネルギー!遺伝子操作で世界平和が実現!?

目次

第1章 天変地異論―これからの地球はどうなる(地球は本当に温暖化しているのか?;イエローストーン大噴火で文明崩壊?)
第2章 大エネルギー論―世界のエネルギー事情最前線(衝撃の2003年、首都圏に原発のない夏があった!?;水素燃料電池が世界のエネルギー危機を救う!)
第3章 生物学者が見る「人間」(ほ乳類は「愛の動物」;ゆるしの技術“If I were you,”)

著者紹介

長沼毅[ナガヌマタケシ]
1961年、三重県四日市市に生まれる。4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、現在は広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探し、地球外生命を追究しつづけている吟遊科学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)