呪われた明治維新―歴史認識「長州嫌い」の150年

個数:

呪われた明治維新―歴史認識「長州嫌い」の150年

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865810974
  • NDC分類 210.61

内容説明

長州は一体、会津の地でどんな蛮行を働いたのか!なぜ会津は長州を許せないのか!過去を水に流したい長州、過去を消さない会津―すれ違う歴史認識の真実!

目次

1 会津に残る薩長の略奪暴行の記録
2 会津人・宮崎十三八の魂の叫び
3 会津は怖い
4 吉田松陰と高杉晋作の実像
5 京都守護職という罰ゲーム
6 長州人は会津で何をしたか
7 戊辰戦争の真実
8 会津人の長州批判
9 明治維新群像

著者紹介

星亮一[ホシリョウイチ]
1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部卒業後、福島民報社記者となる。福島中央テレビ役員待遇報道制作局長を経て独立、歴史作家の道を歩む。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。『奥羽越列藩同盟』(中公新書)で福島民報出版文化賞、『後藤新平伝』(平凡社)で日本交通医学会表彰、会津藩の研究でNHK東北ふるさと賞受賞、『国境の島・対馬のいま』(現代書館)で日本国際情報学会功労賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

長州は一体、会津の地でどんな蛮行を働いたのか!会津の恨みは150年経ってもなぜ消えないのか!交錯する両者の歴史認識の真実!会津の長州への恨みは150年では消えない!

来年(2018年)は明治維新150年目の節目の年。明治維新の契機となった戊辰戦争において、幕府・会津軍は薩長軍に敗れたが、薩長軍、特に長州軍が会津の地で婦女暴行・金品強奪など非道のかぎりを尽したことはあまり知られていない。そして、会津の長州に対する恨みは150年経つ今でも消えていない。

過去を水に流したい長州、過去を消さない会津。会津人の証言を基に、同地で何が行われたかを明らかにしていくとともに、日・中・韓問題にも重なる、「歴史認識」というものの難しさと本質に迫る一書。

1 会津に残る薩長の略奪暴行の記録
2 会津人・宮崎十三八の魂の叫び
3 会津は怖い
4 吉田松陰と高杉晋作の実像
5 京都守護職という罰ゲーム
6 長州人は会津で何をしたか
7 戊辰戦争の真実
8 会津人の長州批判 
9 明治維新余話

星亮一[ホシリョウイチ]
1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部卒業後、福島民報社記者となる。福島中央テレビ役員待遇報道制作局長を歴任。のち作家に転じ、日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。
著書には『伊達政宗』、『京都大戦争』(以上、さくら舎)、『偽りの明治維新』(だいわ文庫)、『新選組と会津藩』(平凡社新書)、『明治を支えた「賊軍」の男たち』(講談社+α新書)、『大河ドラマと日本人』『脱フクシマ論』(以上、イースト・プレス)、『長州の刺客』(批評社)などがある。