閉塞社会の秘密―主流秩序の囚われ

個数:

閉塞社会の秘密―主流秩序の囚われ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月26日 01時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865801019
  • NDC分類 304

内容説明

美の序列、コミュニケーション能力の序列、能力主義の序列など多様な序列にがんじがらめになって息苦しくなっているあなたへ。自己責任で勝ち組を目指す脱出ではなく、“負け組”にとってリアルな生きのび方を考える!

目次

第1部 がんじがらめの秘密(囚われの私―主流秩序って何だ?;この概念がどんだけ役立つか?;見世物と商品に操られる心、植民地を差別する多数派;金と効率に恋する強者、とまらぬ欲望;メディアによるコントロール;他人の目と自己否定と孤独の果てに;嘘やタテマエだらけの政治・司法・民主主義―ショーによる大衆操作と衆愚政治)
第2部 主流から外れて生きる起死回生の理屈(スタンス(社会の見つめ方と自分の立場)を確立する
変革のための王道のやり方を捨てる
スローな生き方をめざしてダウンシフトする―ゆっくりのすゝめ
自立した個の“たましい”によるつながり
良心にしたがって態度を選択する―“態度価値”の教え
主流秩序がなぜ悪いの?何が新しい主張なの?
“弱さ”に鍵がある―非暴力に生きる)

著者紹介

イダヒロユキ[イダヒロユキ]
伊田広行。DV加害者プラグラム・NOVO(ノボ)運営者、神戸大学・立命館大学非常勤講師、「ユニオンぼちぼち」執行委員。大学でジェンダー論等を担当するかたわら、生活と労働・人権にかかわる様々な支援活動・相談活動・講演活動をしている。最近はデートDV(ストーカー)防止教育やDV加害者教育に力を割いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)