アジア太平洋と関西―関西経済白書〈2020〉

個数:

アジア太平洋と関西―関西経済白書〈2020〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年05月06日 12時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 286p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784865792386
  • NDC分類 332.16
  • Cコード C0033

内容説明

今年度の「アジア太平洋と関西 関西経済白書2020」では、Part1で「アジア太平洋の政治経済の現況と課題」、Part2で「関西経済の直面する問題と回復へのシナリオ」という2つのテーマを携えた。また、今年度は、新たな取組としてPart3に、COVID‐19感染拡大の動態と、日本と世界主要国の対応状況を、クロノロジーとしてまとめた。Part1では、昨年12月に中国武漢市で最初の感染症例が報告されたCOVID‐19を含め、世界で注目されている諸リスクを検討し、アジアのグローバル・バリューチェーン(GVC)を取り上げて、リスクへの対策と課題を分析した。中国依存型のGVCが、この先大きく変化する可能性を考察した。Part2では、関西経済が直面している問題と回復を目指す上で必要となる課題を取り上げた。昨年10月に実施された消費税引き上げと、現在も感染拡大が続くCOVID‐19の影響を含めて、日本そして関西経済を分析した。そして、インバウンド需要が消失している中、ポストコロナを見据えたインバウンド戦略について解説した。

目次

1 アジア太平洋の政治経済の現況と課題(アジア太平洋地域を巡る2020年の主要論点;アジア太平洋の各国・地域事情)
2 関西経済の直面する問題と回復へのシナリオ(日本・関西経済の回顧と予測;日本・関西経済の課題と展望;関西経済とインバウンド戦略―ポストコロナを見据えて ほか)
3 COVID‐19 Chronology
4 資料編(データで見る関西;各種年表)