グリーン成長は可能か?―経済成長と環境対策の制度・進化経済分析

個数:

グリーン成長は可能か?―経済成長と環境対策の制度・進化経済分析

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865780130
  • NDC分類 331.19
  • Cコード C0033

出版社内容情報

環境対策と経済成長は両立しうるのか?
地球環境の危機が顕在化する一方で、経済成長を求める力はグローバル資本主義の下で一層強まっている。環境対策と経済成長の関係に、レギュラシオン理論――制度と進化の経済学からアプローチ。

【著者紹介】
●大熊一寛(おおくま・かずひろ) 1966年東京生まれ.1990年に東京大学教養学部教養学科卒業.同年環境庁入庁以後,環境と経済に関する分野を中心に,幅広い環境政策の立案・調整を担当.並行して研究に取り組み,横浜国立大学国際社会科学研究科(博士課程)修了.博士(経済学).2012年より環境省総合環境政策局環境経済課長を務める.

内容説明

環境対策と経済成長は両立できるか?地球環境の危機が顕在化する一方で、経済成長を求める力はグローバルな資本主義の下で一層強まっている。環境対策と経済成長の関係に、制度と進化の経済学―レギュラシオン理論とポスト・ケインズ派理論からアプローチし、未来を探る野心作。

目次

第1部 理論分析(社会経済システムを経済・人間・自然環境の再生産として理解する;制度的調整と成長レジーム;環境経済分析のためのカレツキアン・モデル)
第2部 日本における長期的変化(環境関係費用による分析;環境対策の経済効果の計量分析;経済と環境の関係の長期的変化の解釈;未来への展望)

著者等紹介

大熊一寛[オオクマカズヒロ]
1966年東京生まれ。1990年、東京大学教養学部教養学科卒業。同年環境庁入庁以後、環境と経済に関する分野を中心に、幅広い環境政策の立案・調整を担当。並行して研究に取り組み、横浜国立大学国際社会科学研究科(博士課程)修了。博士(経済学)。2012年より環境省総合環境政策局環境経済課長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。