蘇らせようマルクスの革命思想―『資本論』は実践の書

個数:
  • ポイントキャンペーン

蘇らせようマルクスの革命思想―『資本論』は実践の書

  • 高木 徹【著】
  • 価格 ¥3,960(本体¥3,600)
  • 言視舎(2024/02発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 180pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月14日 02時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 524p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865652697
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

心血を注いだ大冊!

戦争、気候変動…資本主義が行き詰まり、世界が未曾有の危機にあるのは明白。必要なのは、世界史を進める原動力〝革命〟を復活させること。従来のマルクス主義の呪縛を解き、『ドイデ』の世界革命性を説き、経済学の書ではなく、曖昧な「アソシエーション」論でもない、労働者階級の自己解放思想を実践する『資本論』を丁寧に論証。人類がはじめて到達した地平として「ロシア革命」を根底的に検証し、世界を見据えた21世紀の革命思想を導き出す。

マルクスだけを賞賛して、スターリンと一緒くたにレーニンもエンゲルスも否定してみせて、あたかも己が、エンゲルスやレーニンをも超えているかのごとく錯覚している人々には、本書を読んでいただき、この地平にあなた方が立っていたのかを問いたいと思います。(序章より)

内容説明

いま求められているのは世界史を進める原動力革命思想。スターリン主義の呪縛を解き、『ドイデ』の世界革命の原理を蘇らせ、経済学の書ではなく、曖昧な「アソシエーション」論でもない、労働者階級の自己解放思想を説いたものとして『資本論』の実践性を丁寧に論証。人類が初めて到達した地平として「ロシア革命」を根底的に検証し、21世紀の革命思想を導き出す。

目次

歴史の原動力=“革命”を蘇らせるために
第1編 「マルクス革命思想」の樹立の書『ドイツ・イデオロギー』―『ドイデ』は史的唯物論のための書ではない(スターリンによる『ドイツ・イデオロギー』偽造影響の打破;『ドイツ・イデオロギー』は実践的唯物論への移行=確立の書;マルクス的共産主義論の誕生―湧き出るがごとき共産主義論の叙述;唯物史観は哲学や思想ではなく歴史学の科学的方法論である―『ドイツ・イデオロギー』での唯物史観の確立;『ドイツ・イデオロギー』前後について)
第2編 『資本論』は実践の書(『資本論』第一巻をどうよむべきか;マルクスの「資本に関するプラン」は事実上破産した(「第二篇」論)
第一インターの労働者の闘いが生み出した「第三篇」~「第六篇」 ほか)
第3編 スターリン主義を打倒する共産主義を(人類史の「過渡期」に踏み込んだロシアの壮絶な闘い―スターリン主義発生の現場の考察;革命から第十回大会まで、ボリシェヴィキの闘いの教訓;レーニンの病と「最後の闘争」―スターリン主義への敗北の教訓;スターリン主義の発生から何を学ぶべきか)

著者等紹介

〓木徹[タカギトオル]
1939年1月生まれ。1958年九州大学経済学部入学、62年卒業。九州大学で安保闘争に決起。1959年九州地方学連中央執行委員。1965年、学生運動指導をはなれ、全国指導へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。