自伝的革命論―“68年”とマルクス主義の臨界

個数:
  • ポイントキャンペーン

自伝的革命論―“68年”とマルクス主義の臨界

  • 笠井 潔【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 言視舎(2024/02発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 160pt
  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年07月14日 02時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 410p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865652628
  • NDC分類 309.31
  • Cコード C0036

出版社内容情報

名著『テロルの現象学』前史

はじめて系統的に記述される笠井潔の「革命家」時代。

〈68年〉精神が切り拓いた地平と「未決の問い」が露出する。

市民社会的に微温化して延命をはかるマルクス主義をまっこうから拒絶する、半世紀前から変わらない圧倒的な思考と理論構築。そして、いままた21世紀の「革命」を問う。

〈68年〉当時にブントや中核派や解放派で活動していた同世代の回想録は目につくが、それ以外の小党派の活動家による類書は少ない。本書の新稿部分は、二〇歳を挟んだ六年間を共労党の党員として生きた者による当時の証言でもある。

内容説明

はじめて系統的に記述される笠井潔の「革命家」時代。“68年”精神が切り拓いた地平と「未決の問い」。市民社会的に微温化して延命をはかるマルクス主義をまっこうから拒絶する、半世紀前から変わらない圧倒的な思考と理論構築。そして、いままた21世紀の「革命」を問う。「黒木龍思」名で発表された論文とその時代背景についての新稿を付す。

目次

1967年 少年ファシストの安保体験
1968年 階級形成論の方法的諸前提
1969年 戦術=階級形成論の一視点
1970年 革命の意味への問いの究明
1971年 戦後解体期の時代精神―長崎浩論
1972年 日本革命思想の転生―近代主義革命思想への“ロマン的反動”批判
「近代世界」の基礎構造と「第三世界解放革命―世界共産主義」
1974年 ふたたび「革命の意味」を問うこと

著者等紹介

笠井潔[カサイキヨシ]
1948年東京生まれ。79年『バイバイ、エンジェル』でデビュー。98年編著『本格ミステリの現在』(国書刊行会)で第51回日本推理作家協会賞評論その他の部門を受賞。2003年『オイディプス症候群』(光文社)と『探偵小説論序説』(光文社)で第3回本格ミステリ大賞小説部門と評論・研究部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。