天災か人災か?松本雪崩裁判の真実

個数:
電子版価格
¥2,750
  • 電書あり

天災か人災か?松本雪崩裁判の真実

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865652451
  • NDC分類 786.1
  • Cコード C0036

出版社内容情報

「雪崩事故」報道に警鐘!

雪崩事故の多くは《人災》である!

雪に埋まった最愛の息子―その死の真相を求めて母は「県(知事)」を訴える裁判を起こした。「雪崩は自然災害という常識」を覆した5年裁判の核心を明らかにする、山岳&法廷ノンフィクション

2017年3月栃木那須岳、高校生・教員の雪崩事故――

いまなお雪崩事故が相次ぐのは、本書の裁判の結果・成果が生かされていないからである!

科学的な知見、親子の熱い人間ドラマ、「雪崩は自然災害」として幕引きを図る県、型破りな弁護士の執念……、人間の覚悟と情熱と優しさを描き切った臨場感あふれるヒューマンドキュメント。

内容説明

雪に埋まった最愛の息子―その死の真相を求めて母は「県(知事)」を訴える裁判を起こした。「雪崩は自然災害という常識」を覆した5年裁判の核心を明らかにする、山岳&法廷ノンフィクション。

目次

突然の訃報
雪崩その時
翌朝、雪崩現場に立つ
母と息子のHISTORY
雪崩は自然現象か?
雪崩現場の囁き―提訴への転換
裁判官、雪山に立つ
天災か人災か
生還者、証言台に立つ
組合の山動く
SL機関士から弁護士に
雪山専門家証言
18万筆の署名
判決
雪崩裁判の源流

著者等紹介

泉康子[イズミヤスコ]
1937年、満洲新京(現中国長春市)生まれ。熊本県立第一高等学校を経て、1958年、早稲田大学第二文学部入学。在学中、60年安保闘争を闘い、1965年卒業。その後、新日本文学会ルポルタージュ研究会に入会。1976年、のらくろ岳友会を結成。劔岳、黒部下の廊下、槍、穂高、北岳を中心とする山行(半数は単独行)を続けながら、機関誌“のらくろ達”を編集(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoneyama

11
30年以上前の雪崩事故裁判について。私の登山人生の初期と時代も人々もとてもかぶっている事件だったのに、この本を読むまでその裁判の詳細を知らなかった。そのことが読後感として大きなショックだ。登場人物のほとんどの人を知っていて、そのとき札幌から長野市にも転勤で住んでいて、報道にも携わっており、山にも登り込んでいたのに。取材は判決後十数年経ってから、出版は更に十数年経ってからという。なぜ今?とも思うが、私にとっては大きな意味があった。2023/04/12

100名山

8
1989年3月18日長野県山岳総合センター主催の冬の野外生活研修会に、4月からの山岳部顧問を請われて参加して雪崩で亡くなられた酒井耕当時24歳の母親の三重さんは十分な調査検討もされず原因はどこにあったのか、全く明確でない報告書に納得できず弁護士と相談の上、国家賠償法第一条に基づき損害賠償を請求する訴状を書き上げます。5年に及ぶ長野地裁松本支部での公判を経て勝訴します。争点は自然災害か人災かであり、裁判官に積雪期の現場の同行を求めることまでしました。今年86歳の著者は読書の感情を揺さぶるのが巧く読ませます。2023/05/28

karimero

2
法曹関係者も必読の裁判記録。冬山の雪崩事故のほとんどは登山者やスキーヤーによる人災。平成元年3月長野県山岳総合センターの研修会中に雪崩が引き起こされた。そして新卒高校教諭の命が失われた。事故が起こった瞬間とその前後,そして救助活動などの状況がリアルに描かれている。法廷闘争についても実際の調書を元に証人尋問の様子が詳細に描写されている。更に登場人物のほとんどが実名。この本があと7年ほど早く出版されて出回っていたら,栃木県那須岳の事故は起こっていなかったかもしれない。それほどに那須の雪崩事故に酷似している。2023/04/06

青いランプ

1
この本を読んでよかった。雪崩が人災の可能性があると初めて知った。いい本だった。2023/09/09

半蔵門タロー

0
34年前、高校の山岳部活動のための研修会で雪崩が起き、新米教師が亡くなった。その母親が県を相手に訴訟を起こし、5年後に勝訴するまでを追ったドキュメント。雪崩は予想できないという当時の常識を、山の素人である母親が、理解ある弁護士や協力者を得ていく過程が丹念に描かれている。発売は今年3月で経緯・理由はあとがきなどに詳しいが、出版にこぎつけたのは、先日判決が下りた那須の高校山岳部での雪崩事故が一要因だろう。両裁判とも原告勝訴だが、犠牲者が戻ってくるわけではない。同じ失敗は繰り返さないためにも本書は意義深い。2023/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20957488
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。