誰も教えてくれなかったお葬式の極意

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

誰も教えてくれなかったお葬式の極意

  • 木部 克彦【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 言視舎(2021/09発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 00時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865652116
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

コロナ禍で浮上した「そもそもの疑問」を解決します

お葬式はなぜ必要なのでしょうか?

□お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でいいのでしょうか?

□誰もかれも「家族葬」でいいのですか? 「直葬」とは?

□葬儀と告別式の分離、式の順番の「逆転」、丸一日のお葬式とは?

□お経の内容を日本語で解説してほしい。戒名は必要でしょうか?

□お葬式は「過酷なスケジュール」になります。それをふせぐには?

□お葬式は「高額商品購入」です。複数の葬儀社への事前相談と見積書を。

□遺影は1枚が基本? 葬送曲に演歌は? 弔辞のないお葬式でいいのでしょうか?

□祭壇費はどうして高い? なんのために弔電を打つのですか?

□葬儀の3つの意義とは? 「その日」の迎え方は?

□人間だけがお葬式をします。AIはそれを理解できないでしょう。

内容説明

お葬式はなぜ必要なのでしょうか?お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でよいのでしょうか?コロナ禍で浮上した「そもそもの問題」を解決します。

目次

プロローグ この流れは止まらない
1 お葬式のニューノーマル
2 ならば、もっと変えよう
3 お葬式はなぜ必要なのか
4 お葬式計画は「生きるための計画づくり」
エピローグ お葬式をなくさないために

著者等紹介

木部克彦[キベカツヒコ]
1958年群馬県生まれ。新聞記者を経て文筆業・出版業。共愛学園前橋国際大学短期大学部客員教授。「地域文化論」「生活と情報社会」などを講義。群馬県文化審議会委員。食・料理・地域活性化・葬送・社会福祉などの分野で取材・執筆。企業経営者・政治家をはじめ、多くの人たちの自分史・回想録出版も数多く手がけ「自分史の達人」と評される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白としろ

1
お葬式のニューノーマル。ならば、もっと変えよう。お葬式はなぜ必要なのか。お葬式計画は「生きるための計画づくり」。2023/03/31

kaz

0
極意というのは大袈裟と思うが、葬儀に関する様々な疑問を取り上げ、元新聞記者で地域社会や社会福祉にも詳しい著者が、著者なりの解法を示したもの。図書館の内容紹介は『お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でよいのだろうか。戒名の必要性、葬儀の意義、葬儀社との事前相談のしかたなど、コロナ禍で浮上した、お葬式に関する「そもそもの問題」について解説する』。2021/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18581676
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。