輝く人・輝く宿が日本を元気にする―磨き合う旅館甲子園

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

輝く人・輝く宿が日本を元気にする―磨き合う旅館甲子園

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 19時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 305p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651775
  • NDC分類 689.8
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ旅館甲子園には「敗者」がいないのか?2年に1回、すでに4回開催されている大会のファイナリストを徹底取材、その志、人の育て方など、なにが宿の魅力を形成しているのかを明らかにする。

目次

第1章 旅館甲子園が立ち上がる(3人の居酒屋談義からそれは始まった;青年部部長選に立候補;実行部隊がつくられ動き出した ほか)
第2章 働く仲間が熱く語ったファイナリスト(青根温泉「流辿別邸観山聴月」(第1回大会グランプリ、第2回ファイナリスト)―「理念重視経営」で第1回グランプリ
渋温泉「さかえや」(第2回、第3回連続グランプリ)―連続グランプリを実現した止まることのない組織力
松之山温泉「酒の宿玉城屋」(第4回大会グランプリ)―異色なスタイルでグランプリの波紋 ほか)
第3章 自己再生能力を磨く旅館甲子園(日本一を競い合う意味―敗者のない競争;旅館における「おもてなし」の追求;継承の宿命 ほか)

著者等紹介

桑原才介[クワバラサイスケ]
外食産業コンサルタント。株式会社クワケン(桑原経営研究所)代表取締役。早稲田大学文学部中退後、ホテル、レストランでの実践を経て、多くの商業飲食施設の開設に携わる。外食産業におけるトレンド分析、業態開発の第一人者として、日経新聞を中心に、経済誌・業界誌に寄稿してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。