大コラム平成思潮 後半戦―平成14=2002年~

個数:

大コラム平成思潮 後半戦―平成14=2002年~

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年06月26日 12時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 519p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651324
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

政権交代と政治の迷走、世界金融危機、東日本大震災、原発事故、ポピュリズム、日本というシステムの動揺…混迷する時代を「鷲づかみ」。「明日」を読むための確かな指針!

目次

税金の二重取り、自治労の黒い資金
デフレを受け入れ、まず、ススキノが元気になろう!
小泉の構造改革は国家改造のはしりである
「弱さ」に積極的意義は何もない
高貴で稀な書評家、向井敏の死
中国の低価格製品はグローバリズムだ
宮崎駿作品は豊かな現実を見いだすための手引き書じゃないの?
「ゾルゲ事件」で篠田正浩監督は有終の美を飾れるか?
チャイナへのODAを根本から見直すべきだ
責任の比は、日・中・鮮のいずれに重いか?〔ほか〕

著者等紹介

鷲田小彌太[ワシダコヤタ]
1942年、白石村字厚別(現札幌市)生まれ。1966年大阪大学文学部(哲学)卒、73年同大学院博士課程(単位修得)中退。75年三重短大専任講師、同教授、83年札幌大学教授、2012年同大定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

時代の動きを「鷲づかみ」!平成の30年間の後半戦、政治・経済・文化の動向を追い、その核心をえぐったコラム。現代への確かな指針“特盛”コラムの醍醐味

時代の動きを「鷲づかみ」!

平成の30年間、ほぼ毎週の頻度で、政治・経済・文化の動向を追い続け、その核心をえぐったコラムの機関砲。混迷を極める現代への確かな指針。

著者が匿名で発表した新聞コラム(「日刊ゲンダイ札幌版」「道新」ほか)を中心に構成する「同時代史」

グローバリズム、大震災・原発事故…2つの大災害、政権交代と政治の迷走、日本というシステムの動揺、世界金融危機、高度消費社会・情報化社会、ポピュリズム……

鷲田 小彌太[ワシダ コヤタ]
著・文・その他