プロ野球 常勝球団の方程式―9チームの黄金時代を徹底研究する

個数:

プロ野球 常勝球団の方程式―9チームの黄金時代を徹底研究する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月29日 01時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865650785
  • NDC分類 783.7

目次

はじめに “常勝”とは?どのようにチーム力を評価するか
2000~10年代:北海道日本ハムファイターズ(2003‐16)
2000~10年代:福岡ダイエー/ソフトバンクホークス(1995‐2016)
1990年代:ヤクルトスワローズ(1990‐98)
1980~90年代:西武ライオンズ(1982‐94)
1970~80年代:広島東洋カープ(1975‐88)
1960~70年代:阪急ブレーブス(1963‐78)
1960~70年代:読売ジャイアンツ(1961‐73)
1950年代:西鉄ライオンズ(1951‐59)
1940~60年代:南海ホークス(1946‐68)
常勝球団の方程式

著者紹介

出野哲也[イデノテツヤ]
1970年、東京都生まれ。メジャー・リーグ専門誌『スラッガー』で「MLB歴史が動いた日」「殿堂入りしていない英雄列伝」などを連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

常勝の9チーム―日本ハム・ソフトバンク・ヤクルト・西武・広島・阪急・ジャイアンツ・西鉄・南海ホークスを独自の評価基準で分析。独自の指標を提示します

《常勝の9チームとは》

★2000?10年代 北海道日本ハムファイターズ/福岡ダイエー・ソフトバンクホークス  ★90年代 ヤクルトスワローズ ★80?90年代 西武ライオンズ ★70?80年代 広島東洋カープ ★60?70年代 阪急ブレーブス/読売ジャイアンツ ★50年代 西鉄ライオンズ ★40?60年代 南海ホークス

*本書では10年前後優勝争いに絡み、リーグ優勝4?5回、日本一に複数回なっている球団を「常勝」と呼ぶ。

《5つの視点からチームを分析》

★1新人の活躍★2移籍選手、外国人選手★3監督の采配、編成上の補強戦略★4鍵となった選手★5衰退の原因★6「たられば」も検証……常勝球団の3つのタイプとは?

★チーム力の分析にあたっては、日米の野球のデータを調べつくした著者(*下記著作参照)が、選手の実力を評価する独自の評価基準を設定、それにもとづいて選手力を数値化して評価している。

《常勝の9チームとは》

★2000?10年代 北海道日本ハムファイターズ/福岡ダイエー・ソフトバンクホークス  

★90年代 ヤクルトスワローズ 

★80?90年代 西武ライオンズ 

★70?80年代 広島東洋カープ 

★60?70年代 阪急ブレーブス/読売ジャイアンツ 

★50年代 西鉄ライオンズ 

★40?60年代 南海ホークス

出野 哲也[イデノ テツヤ]
1970年東京生まれ。スポーツ研究者。MLB、NBAの専門誌等に執筆。著書『メジャーリーグ人名事典』『プロ野球埋もれたMVPを発掘する本』(言視舎)『プロ野球最強選手ランキング』『日米比較プロ野球背番号を楽しむ小事典』(彩流社)他。